野鳥と野鳥写真(観察と展示)

野鳥観察や野鳥写真展等を写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

野鳥とはあまり関係がないが・・・

2017-06-13 22:35:58 | 野鳥写真
近所の小学校の生徒さんからの取材の要請があった・・・

 自宅近くの河川に生息しているカワセミ達の生態を観察している時に出会った小学校の六年生を担任する先生とカワセミのところなどを立ち話ですることが時々ありました。
 小学校の最高学年になると、卒業記念制作も兼ね地域との関係作りのための総合的な学習「地域情報誌」作ることを目的として、全て生徒さんが企画・構成・取材等を行うことになっているらしく、自分へのアポイントも生徒さんからあり、飽くまで先生はサポート側に回り、電話の向こうから恥ずかしそうに小さな声でアポイントの連絡が入って来ることになっている。
 今回で同じ小学校から二回目(数年前も)になり、こちらの方は多少心得ておりますので、前回使用した資料を見直しと修正を加え、小学生に分かり易く理解してもらえるようなものになっているか、細心の注意を払い作成することにしました。
 今日も仲間からアマサギが一羽マイフィールドとしている田んぼに入っていると、直ぐに来ないかと連絡が入りましたが、説明資料の整理もあり、又雨も降っていましたので、出掛けずに自宅での明日の資料などの作業をすることにしました。

生徒さんから取材を受ける・・・

 明日、約束している場所で小学六年生の5~10人の生徒さんと引率者(父兄と先生1~3名)生徒さんの代表者から取材を受けることになっているが、自分の方が喋って終わりとなり、後から子供たちが資料を見て纏められるように、B5サイズの資料を表裏を合わせて、製本(クリアブックを利用し)のようにファイルしました。
 最近の小学校六年生は、読めない漢字や殆どのことを理解しているため、一般の大人と同じように扱っても問題がないように思われ、地域情報誌を作成したいというような生徒さんは優秀な子供たちなのか、前回の経験から分かりましたので大人と同じ目線で話すことができました。
 孫がいない自分にとって、可愛い小学生の子供さんと思いきゃ大間違いでしたが、皆しっかりして自分達が小学六年生の時はどうだったが、遠い昔を思い起こすことが出来るような心境にもなります。

野鳥写真を撮っていることで様々なところから種々の要請がある・・・

 市教育委員会からの野鳥講習会の要請やその講習会に参加された方から町内会の有志に野鳥講習会を頼まれることもあり、バードウォッチングや野鳥撮影等について教えて欲しいとボランティアで何度か出掛けて行きました。

クラブの仲間達からの遠出要請も・・・

 明後日から新潟県の松之山に行く仲間に日程表を作成し渡したが、当初一緒に行く予定をしていましたが、二週間前にも行っているため、今回は辞退すことにしたがクラブの仲間達が自分の行動や動向を常に気に掛けているため、多少気の毒になりましたが細部に渡る日程表と前回確認してきた野鳥のスポットの詳細を箇条書きにして渡しました。

単なる愚痴ですが・・・

 一円にもならならず、忙しくいろいろ纏めたりしなくてはならず、そんなことは仲間達は何も知らないため、やってくれて当たり前になっていると思うと、多少の愚痴も言いたくもなりますね。そんなことをすることが嫌いではありませんが、単なるおじさんの愚痴です。
 只、野鳥の写真を撮っているだけの頃が懐かしくも思えますが、撮ってきた写真を整理しブログに何枚か上げてるだけの、あまり暇でも駄目かも知れません。
 最近、PCも買い替えi7仕様のハイグレードの高レスポンスのものを使用しているため、カメラからPCへの取り込みや編集にも全くストレスが無くなりました。以前使用していたPCもi5仕様だったため、全く何の問題ありませんでしたが、買い替えてしまいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山麓の高原へ出掛ける・・・ | トップ | 関西へ遠征に・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。