水瓶

ファンタジーや日々のこと

テケリ・リ!

2016-10-14 21:22:02 | 雑記
Amazonのおすすめで来たのは、なんと原作ラブクラフトのマンガ・・・!
一冊買ってみたら、これがなかなかいいではないですか。というわけで、三冊つづけてポチポチポチ。
原作にかなり忠実なつくりでありまして、これはうれしい。そして思わずため息が出るような描き込み。すごいねえ・・!
ラブクラフトの小説には廃墟などの古い建築構造物が舞台としてよく出てくるんですが、私はそういう立体物をイメージするのが苦手なので、
こうして絵になるとほんとにありがたい。百聞は一見にしかずでありますよ。

ラブクラフトの小説は、いったい何があったのか文章から読み取るのがすごく大変な所があったりするんですが、
しかもそれがすごく知りたい!と思う箇所だったりするので、わざとかも知れない。
見えそうで見えない、、くぅ〜〜〜、みたいに描くわけで、あれも一つの怪奇小説の手管なんでしょうが、じれるのじれないのって。

ラブクラフトといえば創元文庫の恐ろしい表紙のこれが有名だと思うんですが、訳者の人があとがきに、
ラブクラフトは翻訳者泣かせとか書いてたように思います。すごく古い、めったに使われないような単語を使うんだっけ。
でもわかりにくいおかげで、それは一生懸命読んだので、読解力とか想像力とかラブクラフトのおかげで研ぎすまされたかも知れない。
自分で書いた小説はほとんどお金にならず、プロの作家の文章に手を入れたりして生計を立てていたそうで、
なら文章力はしっかりした人なのではないでしょうか。わかりにくいけど。

白眉は「異世界の色彩」、創元では「宇宙からの色」というタイトルだったと思いますが、いやー、、よく描いたなあ、これ。
なんか聞き手の主人公が(語り手ではない)、微妙にラブクラフトに似てる気もする。。
これは私は読むとほんとに気持ち悪くなってくるので他に比べて回数読んでませんが、
それにしてもマンガの方がスッキリした感じがするのはなぜなんでしょうか。
ラブクラフトの本って、なんとなく全体の字面から、瘴気ただよう感じがするんですよね。。
大仰で大時代、大真面目。これがラブクラフトの醍醐味で、なんだ大げさでばかばかしいなと時折思ったりもしますが、
ひとたびページをめくれば、その腐臭にまみれた絢爛たる暗黒世界に取り込まれてしまうのです。
いまだピルグリムファーザーズも遠からぬ、現代とは違うアメリカの一面が見られるのも面白くて。

ラブクラフトは旧家に育ったものの、晩年は困窮した暮らしだったようです。
死後カルト的な人気が出て、本は売れ続けるわ、グッズは出るわゲームも出るわで、
生きてる間に陽の目を見なかった気の毒さ具合ではゴッホと並びますね。生きてるうちにいい目を見させてくれよ。。。



ラブクラフトといえば、ご存知の方も多いと思いますが、人種によっては蔑視することを明らかにしており、
「私は黒人とインディアンとアジア人を劣等人種と見なす以外は平等で公平な見方をしている」といったようなことを、
なんか胸を張って書いてたりします。そんな時代か。
まあ百年前だからしかたないとは思うんですが、でも今生きてたら絶対トランプさん支持してた感じはする。。

イギリスの作家チェスタトンも公然と黒人に対して差別感をあらわにした作品を書いていて、
私はそれに結構ショックを受けたんですが、ラブクラフトにはあまりショックを受けなかったのが自分でも不思議で。
考えてみたんですが、チェスタトンは作品が人文的というか、倫理を持ち込んだ小説を書いていて、それがとてもいいんですね。
で、ある面ではこんなに先進的な考え方を持っている人が、なぜそんな差別意識を持つんだろうと不思議に思ったことを憶えています。
一方ラブクラフトは、そういうテーマ、善とは悪とは、みたいなことについてはほとんど触れず、
一貫して絢爛たる真の悪、古からの恐怖についてしか書かなかったですし、しかもその悪や暗黒に魅了される主人公も多かったりするので、
それであんまり不自然に思わなかったのかな???さもあらんていうか。
チェスタトンはブラウン神父ものとかすごく面白いし今も読まれていますが、ああいう差別的な感情をあらわにした作品を書いていなければ、
今もっと再評価されてたのかもなあと思います。「詩人と狂人たち」とかもいいのになあ。残念。。。



ラブクラフトの「ダンウィッチの怪」は、私は特に好きな小説なんですが、
文章通りに想像するとどうしても愉快な感じになってしまって、ちょっとおかしくなってしまう。。
あれのマンガ化はさらに難しいかも知れませんが、このマンガ家さんにはぜひチャレンジして頂きたい。
ちょっとこの絵に似てるんですよね。

一番上の写真は、スカイツリーのすみだ水族館にいた、キノコのようなサンゴです。
ラブクラフトといえば……そう、海やシーフードが大嫌い!
子どもの頃海に入った時に、ぬるぬるぶにゃぶにゃしたなんだかよくわからないものを足で踏んだ感覚が恐ろしかったそうで。。
たしかにあれはちょっと気持ち悪いかも。あまりくわしく想像したくないですよね。。
なんかいやがらせのような写真になってしまいましたが、ごめんなさい、H・P。小説からは海の印象が強いもんだから。
でも自分が嫌いな恐ろしいものを、あれだけ熱を込めて書き続けられるのがすごいなあ。

そういえばシン・ゴジラの幼体蒲田くん、あの陽の当たる所に出したらいかん的なグロさ、
クトゥルフっぽくありませんか?海から来るし。

ヨグ・ソトホーーーース!!!父上!父上ェェェェ!!!
『マンガ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 祝・ベイスターズ! | トップ | 来年こそは »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。