翡翠庵閑話

野鳥が好きな、閑人の独り言と日常の見聞録(少し遅れてUPする場合が多いですが、内容と日付は、合せるようにします。)

名古屋まつり

2016年10月15日 19時38分04秒 | 雑文

 10月15日、16日は名古屋まつりの開催日です。呼び物は郷土英傑行列です。お天気が心配されるのですが、例年だいたいよい天気に恵まれています。今年も良いお天気でした。

 私はトリエンナーレを見に名古屋市美術館へ行ったのですが、展示も少なく予定より早く美術館を出たので、まつりの行列でも見て帰ろうか本日開催のメインストリート、広小路通りへ行ってみました。

 通りに近づくと、上の写真の小冊子になったガイドブックをくれました。デズニーシーのパレードがまもなく通ると云うので、予想よりたくさんの人出で、整理をしている人が観覧エリアのチラシを配っているありさまでした。やがてパレードがやってきましたが、ここはデズニーランドか?と云うくらいの熱狂ぶりでした。

 先ずはミッキーとミーニーが通りました。次にお馴染みのキャラクターがやってきて通り過ぎました。実は2つの車の間に、ちびっ子たちが着飾ったパレードが挟まっていたのですが、人混みの後ろから見ている私は気がつきませんでした。翌日の新聞で気がつきました。そう云えば2台の車の間が随分離れていたようでした。

 ナナちゃん人形が通るまでは時間があるので、行列の終点になる矢場町へ行って見ることにしました。

 矢場町のParco前が終点です。行列が通る車線の反対側で待っていると、ナナちゃんが来ました。足は外されて、あのスマートででっかいナナちゃんのイメージを想像するとちょっとかわいそうな感じを受けました。まぁでも名古屋駅からここまで1時間半よく頑張って来てくれたようです。

 ナナちゃんの後ろから英傑行列が続いて来るはずですが、予定より遅れているようで姿が見えませんので帰ることにしました。交通規制がかかっていて遠回りをして地下鉄駅へ行く途中でこんな光景をみました。ナナちゃんの衣装をデザインした高校生たちの記念撮影風景です。一緒に行進していましたが、今日はお天気が良くて衣替えしたばかりの制服はちょっと暑かったのではと思いました。

 この後、左にスタンバイしている若い人たちが電気ドリルでナナちゃんの固定をはずしだしました。前に止まっている車で明日の出発地へ回送する手はずになっているようでした。おまつりの裏側をちょっと垣間見ました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加藤金一郎と丹羽和子 - 絵は... | トップ | 満月前後の水位 (新堀川) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む