まったり温泉 時々パン

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

小野川温泉 高砂屋旅館 宿泊 NO390

2016-09-19 22:55:17 | 山形の温泉
何と,高砂屋さんには貸切風呂もありました。どうやら小野小町も入浴中のようです。(笑)
大浴場が清掃に入る夜11時~朝6時までは,自由に入れます。それ以外の時間帯は,30分まで各部屋1回までは無料。
で,早速やってきました。

脱衣所は2人サイズ。


ドアを開けると,家庭の風呂をちょっと大きくしたような,タイルの浴槽。香りはやっぱりタマゴ臭。

ツルツルのお湯がオーバーフロー。デビャが入ると,すごい音。医学的にも肥満の部類に属してしまった(健康診断で・・・)
体積が一度に流れていくのだから,当然だけど,すごい「ゴボゴボ~。」

ああ,小野小町さん発見。おもしろい湯口ですね。

カランは一つ。

湯温は,42度。きちんと温度管理されてますね。
小町の湯に行ってきた後、宿のご主人に「小町の湯熱くなかったですか?」と声を掛けられました。やっぱり,町営の露天なので,湯温管理が宿のようには行かず,熱すぎたり温すぎたりするようです。デビャはラッキー。丁度良い湯温で楽しめました。ここ高砂屋さんの貸切も気持ちよかったです。



にほんブログ村

にほんブログ村
お次は,小野川温泉の共同浴場巡りといきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小野川温泉 高砂屋旅館 宿泊... | トップ | 小野川温泉 滝の湯 NO391 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2016-09-20 08:08:40
デビャさんにとって
温泉とは趣味じゃなくって
人生そのものかも知れませんな。

小野小町に会えて
よかったですね。

Unknown (デビャ)
2016-09-20 21:45:21
tempo1078さん,小野小町に会えましたよ。(笑)
温泉=人生・・・や,そんな大げさなものでは無いけど・・・
最近、仕事のやりがいを見失っているから,生きる糧となっているところはあるかも。

コメントを投稿

山形の温泉」カテゴリの最新記事