まったり温泉 時々パン

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

宮下温泉 ふるさと荘  NO516

2017-06-17 21:40:16 | 福島の温泉
新潟まで用事があり,急いで仕事を終え会津まで。ここで一泊。場所は只見川を臨む宮下温泉。他には栄光館さんがあったけど,直前だったこともあり玉梨などの有名どころはどこも満室でした。到着したのは,日も暮れかかった時間帯。これは朝に撮った写真。5時半ころですじゃ。

目の前は,雄大な只見川。この奥会津地域は,本当に只見川に抱かれているって感じ。
只見川が目の前まで迫っており,山々を映しとてもきれい。カメラを抱えた人を見かけたけど,カメラが趣味じゃない人間でも景色を撮りたい衝動に駆られます。

お部屋は2階。他にも浴衣を着た人が居たので,宿泊客はいたみたい。でも,すごい静か。夜の写真です。

部屋は標準。過不足無し。

欲を言えば,タオルに名前が欲しい。(タオルコレクター?)

お風呂は,玄関ロビー右手。入り口に「天然の湯」「湯温55度」と書いてあります。
湯温が書いてあるのが,珍しい。

日帰り利用の時間帯が変わってる。宿泊客も,ちょっと短めの利用時間。結局朝晩2回しか入れませんでした。

いきなり,ドンッ。朝のお風呂。なかなかいいですよ。この辺りは,他の玉梨や湯倉,大塩,柳津,早戸・・・名湯だらけですが,ここ宮下温泉も充分いいお湯です。
姥の湯の亀若の湯の男湯みたいな感じですね。

お湯はうっすら黄土色をしており,香りは土類臭。析出物もすごく,成分は濃いようです。
湯温は43度くらいの熱め適温。ビシッと身が引き締まるいいお湯です。
は~気持ちいい。入る度に,いい熱さが体にずんずん。う~ん,いい。このお湯いいよ。

湯口。近づいてクンクンするも,特に香りが強いわけではない。

排湯口は,茶色に変色してます。

昔は,この壁全体が湯口だったのかも。すごい析出物アートです。

朝も晩も終始独泉。あたたまりのお湯でほっこりしました。
脱衣所は,簡素です。朝ご飯付きのプランで7000円丁度。朝ご飯は,松花堂弁当みたいな感じ。標準的なおかずに,コーヒーは飲み放題。鳴子に慣れた人間からすると,ちょっと割高感はありますが,場所柄物価が高くても当然ですね。美味しくいただきました。もちろん,お湯も素晴らしかったです。


ふるさと莊さんにチェックインする時,50m奥に何かを発見。
行ってみよう~。

にほんブログ村


にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この地域一帯メチャ好み | トップ | 宮下温泉 桐の里倶楽部 桐の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。