まったり温泉 時々パン

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

小野川温泉 高砂屋旅館 宿泊 NO390

2016-09-18 19:07:46 | 山形の温泉
用事があって山形県へ。こりゃ温泉と絡めないと。ここ2週間忙しく,家には寝に帰るだけ。毎日15時間勤務ってどうよ。ブラック企業だ。
で,選んだのが小野川。で,3連休の中とれたのが,ここ高砂旅館さんです。

いい雰囲気のお宿です。

目の前は,尼湯。その辺りは,ポケスト。(余計な情報?)車を目の前に付けると,ご主人が出てきて,対応。

館内は,とってもきれい。

玄関には,飲泉所と足湯があり,ロビーはふんわりタマゴ臭。テンションが上がります。

帳場のとなりには,リラックスルームがあり,飲泉所や岩盤浴?,アクアスパなどが楽しめます。
アクアスパは,600円の有料。

部屋は2階と3階。3階は露天風呂付きらしい。デビャ達は普通の部屋。

部屋の写真は無し。お仲間の荷物等で部屋が一杯。4人で10畳で,不便無し。お茶請けは,ウコギせんべい。

この日は,満室。3家族?で10人越えの団体がおり,小さい子もいて大賑わい。食事処は分けてもらえましたが,奇声でうるさい。(少し静かにさせるという姿勢が見られれば,気持ち的に違ったけど)親達は,話に夢中。子供放置。まあ,仕方ないけど,ほんと,他の客に激怒されてもおかしくなかったよ。せめて,食事の時間をずらすとか,宿も配慮が欲しいところです。

お食事は・・・大黒牛のステーキ以外は,冷めていた・・・。まあ,満室なので仕方ない。ん?仕方ないのか?



朝ご飯は,かまどで炊いた五穀米。(白米も撰べます。)おひつが空になっても,頼めず。大家族に手がかかるようで,デビャ達は放置。まあ,大人なんで我慢します。

スタッフさんも大忙しのようで,ちょっと「無理、間に合わないよ~。」的なつぶやきが,普通に廊下に響いていました。
むむむっ。まあ,若いお姉ちゃん達だったから,仕方ないのだろう。お湯が良ければいいのだと言い聞かせて過ごしました。

さあ,湯巡りです。小野川を堪能しちゃうぞ(ちょっとヤケ)

にほんブログ村

にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はうーいい湯だな。 | トップ | 小野川温泉 高砂屋旅館 宿泊... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おんせんたまご)
2016-09-18 20:10:21
こんばんは。
予告の画像は小町の湯ですね!

高砂屋さんは数年前に泊まりました。
部屋もお風呂も接客も満足でしたが、食事はボリュームあるもののチョイと・・・・でした。
おはようございます。 (tempo1078)
2016-09-19 05:28:38
なるほどね、
高砂旅館、いい感じですな。

小野川??
何処じゃ??

山形でしたか、
知らないはずだわ、
行ったことがない・・・・(笑)
忙しい日々、温泉にIn!? (hitareri)
2016-09-19 08:44:18
デビャさんは超モーレツに働いている人なんですね・
家は寝に帰るだけって・・・
でも良かったですね温泉宿に行き、なんとか小野川温泉の尼湯の近くの宿に泊まれて・・
でも、3連休で、超満室なんですね・・
え~!!スタッフの悲鳴?が食事室に聞こえてくるほどの満室!!
やはり連休は混むんだ!!
場所がいいや~尼湯の横って・・
しかし、このぶんだと共同湯も混雑かな??

私のほうは、なんとか「さんべ荘」に行ってきましたよ
初日の風呂のほうをこのコメントのURLに入れてます。
初日は、ゆったり3回も入浴できたが・
翌日は、義母のお見舞いの日で慌ただしく・・
6時からの朝風呂だけしか入れずバタバタ~
まあ~その記事も笑って読んでください・・
なんせ2日目の朝風呂は大変でしたよ・・
Unknown (デビャ)
2016-09-19 11:22:02
おんせんたまごさん,おはようございます。
そうです。小町の湯ですね。正直、ここが今回入った小野川で一番良かったかな?湯温も丁度よく,湯花が舞い,香りもばっちりでした。

高砂さんは,お値段相応でしょうか。
豪華なものは期待しませんが,せめて餡かけは温かいと良かったかな~でした。
Unknown (デビャ)
2016-09-19 11:26:31
tempo1078さん,おはようございます。
小野川まだまだ知名度は低いですね。米沢界隈は,米沢八湯といって,名湯がたくさんあります。

小野川温泉は小さな温泉町ですが,温泉街を上げてイベントをしたり,蛍観賞もできたり,いろいろ工夫しています。そして何より、お湯がイイ!温泉地です。
Unknown (デビャ)
2016-09-19 11:31:04
hitareriさん,おはようございます。
さっそくさんべ莊さんの記事読ませてもらいました。
湯舟またぎには笑ってしまいました。普段自分がやっていることだったので,おかしくって・・・。普通の人が見たら落ち着きないんだろうな~って。

9月は忙しく,残業残業で朝も7時から勤務する日々です。でも,土日は休めるので,何とか週末は温泉に行けているかな?って感じです。

小野川は賑わっていて,このほかにも滝の湯に入ったけど,常に人が居ました。目の前の尼湯は,今回入りませんでしたが,いつも桶のからころが外に響いていました。
小野川・小町の湯に入湯・・ (hitareri)
2016-09-19 20:52:44
小野川温泉は「尼湯」と「小町の湯」に入りました。
「小町の湯」では最初、「小野小町の如く?」上品に一人湯を楽しんでいたのですが・・途中から大変なことに・・
夏だったので、川虻に飛んできて・・刺されそうで必死・・
途中から、完全に戦闘態勢に入り、ケロリン桶を持ち、虻退治の入浴スタイルになりました。
あの頃は私も活きが良かったので、結構な確率で周囲を飛びまくる虻を、洗面器の湯をぶっかけて落としてました。なにやっているんだか~!!
この話とURLに入れておきました。
この湯は、温泉博士にも記事が載りました。
Unknown (デビャ)
2016-09-19 22:54:22
hitareriさんは,もう小野川はもう入られているのですね。
すごい・・・東北の方でないのに・・・改めて驚きです。

小町の湯で虻はきついですね。逃げ込むところも無いですからね。着替えている最中も危険です。川のすぐ近くですから,数もたくさんいたでしょう・・・この前法師温泉、長寿館の川沿いの駐車場でも,ぶんぶん飛びまくっていて,怖かったですよ。
夏の露天は要注意です。

コメントを投稿

山形の温泉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。