川崎フューチャー・ネットワーク(特定非営利活動法人)

みんなの力で、川崎を “環境都市” に!

2017年3月の環境イベント

2017-03-23 | 川崎の環境イベント

日付順に掲載しています。

◆川崎地域エネルギー市民協議会 設立1周年記念講演会◆

 1 総会      
    日時:3月2日(木)18:00~18:45(受付開始 17:45) 
 2 記念講演「市民発電事業の作り方」 19:00~20:45
    講師:山崎求博氏(NPO法人足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ事務局長) 
 場所:高津市民館 視聴覚室 (ノクティ2・11階)

 ☆川崎フューチャー・ネットワーク(KF-net)は
  川崎地域エネルギー市民協議会に、運営団体として参加しています(^_^)。



◆川崎市予算学習会◆

川崎市の予算について学ぶ学習会です。

  日時:3月4日(土)10:30~13:30
  場所:メサ・グランデ 
  講師:川崎市副市長 三浦淳さん
  参加費:1500円(資料・ランチ付き)
   ※ランチはカレーライスです。苦手な方はご相談ください。
  定員:25名(定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます)

申し込み・お問い合わせは、ぐらす・かわさきへ。


◆プラチナファッションショー in 高津◆

モデルのレッスンを積み重ねてきたメンバーが、晴れの舞台に立ちます。

  日時:3月4日(土)14:00〜16:00 ※開場 13:30から
  場所:高津市民館 大ホール
  入場無料

申し込み・お問い合わせは、川崎市 市民文化局 市民文化振興室 映像のまち推進担当へ。


◆地球市民講座「子どもの貧困」ってなんですか?◆

貧困の連鎖、子どもの「食」格差、学習・生涯の格差など、
子どもの貧困率はH24年度の調査で16.3%となり、
さまざまな課題が深刻になりつつあります。
なぜ格差がなくならないのか、現状を知る講座です。

  日時:3月11日(土)14:00〜16:00
  場所:川崎市国際交流センター ホール
  講師:鈴木晶子(インクルージョンネットかながわ代表理事)
  入場無料

詳細は、川崎市国際交流協会へ。


◆原発ゼロへのカウントダウンinかわさき◆

福島第一原発の事故から6年。
政府も東電も、反省もなく事故費用22兆円を国民に押し付けようとしています。
今のまま、ずるずると再稼働を認めていては、
いつまで経っても、原発はゼロになりません。

今年は、原子力の専門家として原発に反対してきた
元京都大学原子炉実験所助教授 小出裕章先生がメインゲストです。
集会後はデモも行われます。

  日時:3月12日(日)13:00〜
     ※ブース広場 10:30 open 文化行事 12:00 start
  場所:中原平和公園

  市民一人ひとりがつくるイベントです。賛同人も募集中です。
  賛同人申し込みは、こちらへ。

 「原発ゼロへのカウントダウン in かわさき」では、
 2012年から毎年、ゲストを招き、市内のグループのリレートークや30を超すブースを作り、 
 市民の声が見える「広場」のような集会を作ってきました。
 ぜひ、あなたも集会に来てください。
 一緒に原発ゼロの未来を作るために声をあげましょう!

最新情報は、FBページへ。


◆生田浄水場復活を願う市民の集い◆

講演1「ハミガキするように、社会のことを考えよう」
     福島第一原発事故から
    おしどりマコ・ケン(よしもと所属の夫婦漫才コンビ)
講演2「裁判の結果と今後の浄水場復活運動」
    篠原義仁 弁護士(かわさき市民オンブズマン)

  日時:3月15日(水)13:30〜
  場所:多摩市民館 大会議室
  資料代:300円

詳しくは、かわさきの安全でおいしい水道水を守る会へ。


◆CSR観点での市民との環境コミュニケーション◆

JR武蔵溝ノ口駅にできる「エコステ」、
自立型水素エネルギー供給システムが設置される予定とのこと。
いったいどんなものになるのでしょうか。

  日時:3月18日(土)10:00〜11:30
  場所:高津市民館 第6会議室
  講演:「水素社会の実現に向けた川崎水素戦略」
     講師 田中祥雅氏(川崎市臨海部国際戦略本部 臨海部事業推進部)
  
申し込み・お問い合わせは、川崎市地球温暖化防止活動推進センターへ。


●学びあいエコサロン●
   第87回【 3.11の学びを活かす「地震・津波のメカニズム」】

防災について考えることは、持続可能なまちづくりの一つの大きな要素です。
3月を向かえるにあたり、あらためて、昨今の自然災害を見直し、
そのメカニズムについて考えます。

 ●日時:3月21日(火)19:00〜20:45
 ●場所:川崎市総合福祉センター エポックなかはら(5階)ボランティア交流室
 ■話題提供:板倉 徹(KF-net副代表)
 ◆参加費:KF-net会員 無料 / 一般 無料(通常は500円)

詳しくは、KF-netエコサロンページへ。


◆学習会「ザ・浜岡原発事故」◆

原発ゼロ市民共同かわさき発電所が、
これまで勉強してきた「浜岡原発」について、
特に、その事故の危険性、川崎におよぶ影響などを検証する学習会です。

  日時:3月24日(金)18時30分から
  場所:高津市民館 第5会議室
  内容:安全じゃない!神奈川の危険!
  参加費:無料


◆中原区サイクリング◆

自転車は正しく乗れば、安全で健康的、楽しく、
おサイフにも環境にもやさしい乗り物です。
自転車の走り方を学びながら、
中原区内の見どころを自転車で巡るサイクリングイベントです。

 走行予定コース
  新丸子駅→等々力緑地→常楽寺・春日神社→二ヶ領用水・今井上町緑道
  →渋川・今井桜→中原平和公園→武蔵小杉駅・新丸子駅(走行距離6km程度)
  ※ルール指導のプロによる実車教習つき

  集合時間:3月25日(木)13時集合(16時頃解散予定) 雨天中止
  集合場所:東急東横線・目黒線 新丸子駅 改札前
  講師:藤井克徳氏(日本障害フォーラム幹事会議長)
  参加費:保険料 1人500円(レンタサイクルを利用される場合は別途)
  レンタサイクル:
   東急新丸子駅駐輪場に併設のサイクルシェア
   (1日利用310円、申込時に身分証が必要)をご利用いただけます。
   ただし台数に限りがあり、予約はできません(当日先着順)。

申し込み・お問い合わせは、持続可能な地域交通を考える会 (SLTc) へ。


◆公害講演会「今、公害から何を学ぶ?」◆
   ー 固定した公害から、移動する公害へ —

50年前と違い、川崎の空には青空が戻ってきました。
でも、残念ながら、主に北部を中心に、
ぜん息患者、小児ぜん息患者は増えつつあります。
その原因の一つと考えられる「自動車公害」について、
自動車対策について学びながら、これからの大気汚染対策について考えます。

  ◆ 日時:2017年 3月 26日(日) 14:00~16:00 開場 13:30
  ◆ 場所:川崎市教育文化会館2階 第2会議室
  ◆ 参加費:無料  ◆定員:36名(先着順)   

詳しくは、こちら


◆のらぼう菜でエコなクッキング◆
  「毎日の調理を、もっとエコに!」エコショッピング・クッキング

省エネを意識した調理方法、環境に負荷を与えない後片付け、
そもそもの材料選び・お買い物から、エコなヒントをお伝えします。
毎日のお食事、もうちょっとだけエコにしてみませんか?
☆今回は、地元野菜「ノラボウ菜」編。収穫体験もできます。

  日時:3月28日(火)10:00〜14:00(予定) 
     ※ノラボウ菜の収穫体験をする場合は9:00にアトリウム集合
  場所:多摩市民館 5階 料理室
  参加費:大人 300円(中学生以上、年齢不問) 子ども 100円(小学生)
      ※小学生未満一人までは無料。保護者が面倒をみられる場合に限ります。
  持ち物:エプロン、三角巾、ふきん、使い捨て布(後片付け用)
  定員:20名

詳細は、多摩まちづくり協議会 多摩エコスタイルプロジェクトへ。


≪掲載を希望する環境イベントがありましたら下記へ!≫
  川崎フューチャー・ネットワーク : kawasakifuture@gmail.com

 ※下記のfacebookページには、
  川崎以外のものも含め、いろいろな環境情報を掲載しています。
  facebook: target="_blank">http://www.facebook.com/kawasakifuture
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【開催報告】緑の基本計画改... | トップ | 【報告】公害講演会「今、公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

川崎の環境イベント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。