クラブ 釣り三昧

カワサキ機工三重釣りクラブ
会長のあてにならない報告

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4月4日 熊野二木島 しんちゃん丸

2009年04月04日 | カセ・筏釣り 海上釣掘
週末何気なく雑誌を眺めていると、二木島の”しんちゃんまる”記事が載っており、急遽行こうと思い電話してみました。こんなけ雑誌に取り上げているので、週末は空いていないだろうと思いきや、空いていました。・・・これは・・・釣れてない??電話確認するとやはりその様子。テンション下がります。しかし一回行ってみたい遠方の地なので、行くことに決定(^_^)v。地図で場所を再確認すると、去年の今頃アオリを釣りに行った甫母港の少し先でした。
 朝二時半出発。高速に乗り大内山インターのエサ吉に三時半到着。ここのエサ吉は初めて寄りましたが、紀伊長島や方座浦に行くには何と便利なところでしょう。エサ吉で沖アミ、ボケ、アケミを仕入れ、再び南下。すぐ道を間違えながらも、5時半には渡船場所の二木島港に到着(;¨)。客は自分のほか初めての二人と常連さん一人。聞くとやはりこの春はぜんぜん釣れていないそう。テンションもう一段下がりました。
 船にに荷物を積み込み、出港。筏(カセ)は船頭さんにお任せ。ここは10Mから30Mくらいまでの場所があるようで、常連さんは25Mのところを指定していました。港を出て2,3分自分が呼ばれました。水深10Mのカセです。

カセより西、港方向

カセより東、湾口方向

カセより南、岸からアオリや紀州釣りに良さそう。

 カセに乗って、とりあえずボケで探ってみます。無傷生還!30分ほど試したが、無反応なので団子投入。餡子にオキアミ、アミエビをたっぷり仕込みます。水温表層15.2℃・3Mくらい下は15.8℃。暫くするとボケに大きなアタリ。上がってきたのはヘダイちゃん。

その後団子にもヘダイがあたってきだし、これが早くチヌに変われと念じ打ち返します。
 10時くらいからはボラのアタリが出始め、水温は少し上昇、表層から下まで16.3℃。しかしヘダイは散ってしまったよう。もしかして近くにチヌが・・・・刺し餌も必ず残ってくるので、期待しながら打ち返します。が、残った刺し餌はいつまでたっても残ったまま。一度オキアミで穂先が舞い込み、いい感じの重量感でやり取りありましたが、正体はボラ。おまけに昼過ぎからは、雨があたってきました。そして午後1時ごろ団子から出たオキアミをしばらく漂わせているとふわふわとしたアタリが・・少しもたれた感じをフルスイングで合わせると、ものすごい勢いと重量であっという間に2号ハリス飛ばされました。いったいなんだったのでしょう?急いでハリスを2.5号にランクアップ!
しかしその後、ボラアタリもなくなり、海は死海へと変化し、アタリもすっかり無くなってしまいました。

三時くらいには雨も本降りになって、少し沖に乗っていた二人は撤収していきました。こっちもそうしようかな・・と心が折れそうなのを、夕方にチャンスが来ると奮い立たせて、打ち返します。
しかし、最終の5時半が近づいても、やはり何の変化もなく二木島遠征はヘダイのみ、チヌボーズになってしまいました。
迎えの船で常連さんの釣果を見せてもらうと、40CMを超えるような大アジが10匹ほどクーラーに入っていました。3時過ぎから急に釣れだしたそう。こっちが死海と化していたころです。
港につくと優しそうな船頭さんの奥さんが、待っていてくれました。あったかい缶コーヒーをいただきました。氷も貰ってヘダイをお土産にクラーへ。
この日は釣れなかったけれど、ここの船頭さん夫婦は、人の良さそうな好感のもてる方々でした。少し遠いけれどまた来ようと思いました。
帰りは再び長距離ドライブ。夕方6時に現地出発、8時半帰宅
土日ETC割引はありがたい。

ヘダイは刺身とタイ飯と酢漬けに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 3月29日 辨屋 | トップ | 4月12日 餌取り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL