日々是好日?かささぎなくらし

筑紫平野→新潟平野→関東平野と旅を続けるかささぎが,「よく暮らす」に焦点を当てて 鳴いてみる。らしい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

たいふうがくる

2005-08-26 00:21:40 | コトノハ---詞&短歌&俳句

大風が来る
大風が来る

地表のごみを薙ぎ払え
海の中まで掻き混ぜろ

台風が来る
台風が来る

鳥は木樹へ
魚は底へ
待避だ待避だ待避せよ

ヒトはいずこへ逃げようか
ごみと一緒に流れるか

大風が来る
大風が来る




◆◆◆◆◆◆

台風銀座ほどではないけれど,
怖さと威力は体験済みです。

クリークが道まで氾濫したりとか
屋根が剥がされちゃったりとか。
停電。
台風で学校閉鎖。
  (↑新潟では殆ど体験できないだろう。)
 
しかしながら,風は
特に強風が 大好き。
わくわくしてしまいます。不謹慎ながら。



・昨日より幾分涼し処暑の風

・びうびうと大風の吹く昼よりも静まりし今闇の向こうへ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽ばたく羽を持って | トップ | どうやるの? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゆく八月を送りて (かささぎなくらし コトノハ別館)
・教え子の帰省土産は因島八朔ゼリイと四方山話
台風 (かささぎなくらし コトノハ別館)
・昨日より幾分涼し処暑の風