日々是好日?かささぎなくらし

筑紫平野→新潟平野→関東平野と旅を続けるかささぎが,「よく暮らす」に焦点を当てて 鳴いてみる。らしい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏を想ひて

2005-08-07 04:18:25 | コトノハ---詞&短歌&俳句
最近五・七・五にも手を伸ばしつつある感・・・

・定型の枷を纏いて解き放つ


美しい季語を採り上げていらっしゃる記事を拝見した。
ブログ句会・5(BLOG STATION)へ初めて投句などしてみた。

良い機会なので,こちらでも一旦まとめよう。



   「夏」

・・薄赤く焼け残る肌 地引網   (05/07/25 投句)

・「もっと引けー!」声に合わせて砂を踏む

・飛び跳ねて光る背の見ゆ網の中

・きらきらと輝く夏の落とす色

・・逃げ水の逃げ足速き。遠い道   (05/08/04 投句)

・・渇き切る喉に潤い冷緑茶   (05/08/04 投句)    

・・白い昼 猫も金魚もノックダウン   (05/08/04 投句)

・・暑さ故?「あつかれさま」と打ち惑い ^^;   (05/08/05 投句)

・・打ち水は死語となったかこの夏は   (05/08/05 投句)

・アスファルト砂漠に救いの「氷」の字

・蜃気楼 どこまでいくかこの暑さ

・外気温38℃は本当か

・はたはたと誘う「冷し」は紺一色

・浜辺でも売り上げ伸ばすかき氷

・熱風の吹くアスファルト 道遙か

・浮き球で小さき涼を手に入れる

・苔玉の受け皿乾く昼日中(ひるひなか)

・くたくたにアイスもなかも溶けており

・・打ち上げて開くまでの間(ま) 大花火   (05/08/07 贈句)

・・それぞれの想い宿らせ花火散る   (05/08/07 贈句)

・・やわやわと薄羽蜻蛉の夢なるや   (05/08/07 贈句)

・向日葵の背丈見上げて小学生

・遠くまで歩み来たるや百日紅

・うらうらと竜の髭伸ぶ祖母の家

・西瓜割り?勿体無いから切って食え!^^;

・砂浜で鉄板焼きにされたるか

・パラソルの影濃く映る原爆忌

・幻か夾竹桃の香る夜

・炎天下息子の植えしトマトもぐ

・意気揚々プール帰りの水雫(みずしずく)

・・とっておき百物語は途中まで   (05/08/07 投句)

・片蔭りひときわ強し 迷い猫

・祇園会のコンコンチキチ遠離(とおざか)る

・睡蓮もゆらゆら眠る午後三時

・渦巻きの灰のあとより薄煙る

・虫喰いの痕付け起きる幼き子

・齧り付く玉蜀黍や美味し笑み

・ふと揺れる緑涼しき吊り忍

・眠り猫グラジオラスに染まりゆく

・夕暮れてつける蚊遣り火の薫り




追記:BLOG STATION:ブログ句会・5 にトラックバック致しました。  
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オットが実家に帰りました(笑) | トップ | 教材の記録 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (Ken)
2005-08-07 10:23:19
トラックバックありがとうございました。

かささぎさんは、短歌を詠まれるようですが、

俳句もなさるんですね。

だいぶ、違うと思いません?

僕は、短歌になると、どうしてもお笑いに近くなって

しまうので、どうも苦手です。

情景を切り取るだけの俳句のほうが、思い浮かぶんですよね。



それにしても、顔文字つきの俳句は、初めてです。

面白いですね。
Unknown (かささぎ)
2005-08-07 23:57:32
Kenさん^^ ようこそお越し下さいました。有難うございます^^



短歌と俳句・・・どちらも自己流なので,内心かなり冷や汗ものです^^; 

それでも,するりと出てきたコトバがぴたりと収ったときや,捻り出すために唸る時間はとても楽しい♪



「短歌になると、どうしてもお笑いに近くなってしまう」ぷぷぷ・・・解ります。ワタシもどうもそうなってしまいがちです。

なので,恋愛系(←笑・自分のキャラじゃないと思う)を意識したり,詳しく言及系(←笑・このたとえで解って欲しい)でいったりしています。多分,この揺れ具合が私にとっての作歌の醍醐味なのかも。



「情景を切り取るだけの俳句のほうが、思い浮かぶ」きっとそれはKenさんの素敵な特質ではないかと思います^^ 芭蕉や良寛などを読んでも,自分で詠んでも,やはり短くまとめる方が難しいです~~。

(・・・でもそれがよいのだな。ふふ
初めまして^^ (スノー)
2005-08-09 18:38:02
短くまとめるほうが難しいですよね~。

同感です。

俳句でまとまりきらなくて、つい短歌になってしまうんですよ、私の場合。

だから、なかなか「ブログ句会」に参加できないのです(と、言い訳してみる)



でも、かささぎさんの句、お見事です、流石!



「うらうらと竜の髭伸ぶ祖母の家」

私の実家も、こんな感じです。

郷里を懐かしく思い起こしました。

夏休み中に行きたいと思ってるんですけど、なかなか・・



しりとり575に参加ありがとうございます♪

また遊びにいらしてくださいね^^



「夕涼み あなたと食べたい かき氷」

・・なんて(v_v。)

恋愛系、です(笑)





*「できること」も聴いてくださって嬉しかったです、ありがとうございました。
ややや!@o@ (かささぎ)
2005-08-10 15:54:26
スノーさん!ようこそお越し下さいました♪いらっしゃいませ^^



いやあ お恥ずかしい投句をしてしまったなあーと・・・「書いてみて」なんて,始まりは「か」やん自分・・・orz と夜中に雨音で目を覚ましたとき,ふと気付きました。

(それまで気付かなかったのです;;)お粗末様でした。

それでも,楽しいから「参加することに意義あり!!」と思っています~♪これからも遊びに行きますので,宜敷お相手下さいませ^^



二人っきりのかき氷・・・ロマンチックですねぇ。うふふ







『できること』 ライヴでのひめちゃまの途中参加。とってもイイですね♪

  

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
過ぎゆく夏を想う (かささぎなくらし コトノハ別館)
立秋も過ぎたので,こちらにもまとめてみます。 元記事はこちら
ブログ句会・6 (BLOG STATION)
こんにちは。 関東は秋晴れ。絶好の運動会、行楽日和です。 さて、恒例の「ブログ句会」を開催します。 テーマは「秋」です。 スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋などなど。 あなたの秋は、どんな季節でしょうか。 みなさんも、季節にちなんだみなさんの俳句を投稿してみま