日々是好日?かささぎなくらし

筑紫平野→新潟平野→関東平野と旅を続けるかささぎが,「よく暮らす」に焦点を当てて 鳴いてみる。らしい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゆく八月を送る

2005-09-01 14:27:45 | コトノハ---詞&短歌&俳句
・ゆうるりと八月最後の日曜日 過ぎゆく時間いとおしむわれ (贈歌 ジブンへ)

・いつの日か思い出(いだ)さん。穏やかに過ぎし八月最後の日曜 (贈歌

・この宵は濃染月(こぞめつき)の名の下に濃い色に請う恋の色染む

・暑さにも負けず外へと出掛けゆくムスコの力 われも欲したり

・夕風に踊り始めるアキアカネ今年は既にみかけなくなり……

 
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コトバ の ツカイカタ | トップ | 確かに受けた気持ち »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ステキです (ろぜ)
2005-09-02 18:02:56
かささぎさん、いつもありがとうございます(*^_^*)



どの句もステキですね。なんていうのだろうか、まるで絵画を描いているように心模様や風景が浮かんでくるようで、流石だなぁと思います。



先日、気分転換に別府に行ってきたのですが、あそこは温泉だけが有名なのかと思ったら、そうじゃなくて地球から情熱の吹き上げるエネルギーの塊みたいな場所でした。



木 火 土 金 水



これの力がすごいんです。ボコボコと水と石や鉱物が火に解かされて吹き上げていて、地熱で温泉でなくとも、大地も水も温かいんでしょうね。



睡蓮と蓮があんなに元気に喜ぶ姿をみて、半分なみだ目になりながら、こんな素晴らしい場所があるものなのだと知りました。



山地獄という場所があるのですがそこもけ湯煙モウモウという場所でした。それだけじゃなく水が大変澄んでいることに気づきました。



熱帯性の睡蓮やオニバスがいっぱいなのですが良く見ると、睡蓮の花が開くその花に何匹もの昆虫がとまっているのが見えました。



よく見ると・・・ヤゴ!



ヤゴが睡蓮の花で脱皮しているんです。そしてトンボもいろんな種類がいっぱいでした。



何が地獄なものか、ここは極楽だと思いましたよ。



かささぎさんの句を拝見させていただき、私もまたこの風景を思い返しました。南にはまだトンボがいっぱいですよ!



はぁ、安らぎます。かささぎさんの句はほっとします。時に情熱的だったり。きっと言葉が美しいからなんだろうなぁ、こんな穏やかな気持ちになれるのは。



いいところにお邪魔させていただけました。



ありがとうm(__)m

ろぜさん^^ (かささぎ)
2005-09-03 11:20:20
こちらこそ素敵なコメント,有難うございます♪

いや,もう。ちゃんと勉強していないので,

あちこちお恥ずかしい限りなんですが……*><*





と言いつつ,嬉しさの余り(笑)。ご笑納下さいませ



・そこかしこ地の球(ちのたま)の持つ力あり 木火土金水(もっかどこんすい)情熱よ来い!



・大分に活力の湧く地獄あり 水澄む山と火と花の郷



・目の前の地獄の中に極楽を,見出す力汝(な)の持つ力^^



・睡蓮の花ひらく中ヤゴは居り これこそ極楽蜻蛉なりけり^o^



・睡蓮の寝床にやごの夢ありや



すごい! (ろぜ)
2005-09-03 19:02:50
すごいです、すごいです!



私の写真そのものの句ではないですかヽ(´▽`)/

なにより・・・



私が、木火土金水と書いて思ったとおり

もっかどごんすいと読んでもらえたのも感動でした。



かささぎさんの言葉の数はものすごいんだなぁと改めて凄い方なのだと思います。



私の駄文の掃除機にもコメントを頂戴しました。

うどん、きしめん、そばは愛犬です。ちなみに

ネコはキントキです(笑)いまここにはいなくて実家にいるんですけどね。



うどんは元気にしているんですが、きしめんとソバが私が実家を離れた後、後を追うように極楽へ行ってしまいました。だからきっとうどんもさびしいのだろうなぁと思ったときに書いた文でした。



この世の中は無常なことばかりで、移り変わるからこそ娑婆なのでしょうけど、せめて写真や文の中だけでも忘れないように留めておきたいなぁと思っています。



自販機にしても、あれは実は決して笑いを取ろうとしている文章ではないのです。



形あるものはやがてどんなものであれ、壊れ、破れ、やがて興味をもたれなくなり、そして滅んでいきます。



機械であっても、そこにあるドラマとか思いを留めておいてあげられたならなぁと、そういう気持ちなのです。



そして、やがて自分たちもその運命を持っているということを忘れないように、だから愛着をもって大切にしてあげたいと思っています。(^-^)



かささぎさんの句を拝見すると、その深さに感動します。一瞬一瞬の風景も心もクッキリしていらっしゃるからです。写真よりも鮮やかです。



ですから、私もそれに触発されて又何か書いてみようかなーと思えるのです。



かささぎさんの言葉はスゴイデスネ!(*^_^*)
いや もう 照れる・・・ (かささぎ)
2005-09-04 00:50:42
ろぜさん・・・褒め慣れてないので,褒め殺しってこれか?と思っちゃいました(笑)

素直に,照れます。嬉しいです。有難うございます

いやまぁ,さておき。



ろぜさんの作品こそ,たっぷりの褒め言葉を受け取るべきものと思いますよ,ワタシは。



自販機シリーズは,哀愁というより愛臭漂っていますよね^^

それに,ろぜさんちの睡蓮も,今の美しさが永遠でないからこそ,一瞬をカタチに残そうというろぜさんの強い想いが,写真には映り込んでいるような気がします。



だからワタシは,ろぜさんの写真が好きなんですよね,きっと。





ろぜさんも.また是非,次のカタチを残してください^^ 楽しみにして待っていますから♪

あ。間違っちゃってる^^; (かささぎ)
2005-09-04 00:54:48
↑ 褒め慣れてない→褒められ慣れてない



でした。

やっぱりね,慣れてないから間違えたんだわ(笑)ぶはは

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゆく八月を送りて (かささぎなくらし コトノハ別館)
・教え子の帰省土産は因島八朔ゼリイと四方山話