川崎 和菓子 吉田屋

毎朝お餅を搗き搗き営業中
手作り和菓子とおにぎりのお店

【地産地消】さつまいもを育ててます VOL.1

2017年06月18日 | 和菓子
こんにちは!
川崎市幸区の和菓子屋「吉田屋」3代目の陽介です。

空梅雨が続いていましたが
今日は午後からずいぶんと降ってきました。
商売的には雨は大敵なのですが、、梅雨にしっかり雨が
降ってくれないと、水不足やら作物への影響やら
いろいろ問題が出てきますから、仕方ないですね!

さて、4年前より続けています「地産地消」の取り組み
1年目は「湘南ゴールド」(神奈川特産の柑橘)
2年目は「足柄茶パウダー」(神奈川特産足柄茶の微粉末)
3年目は「三浦のとうもろこし」(三浦半島蛭田農園の甘いとうもろこし)
そして、4年目の今年は
「ハマ(横浜)のさつまいも」「ハマのとうもろこし」!!
横浜というと、横浜駅やみなとみらい等の臨海部のイメージが強いのですが
広い市域の中には南部や西部を中心に、農産物の生産が盛んにおこなわれて
います。
今年度お世話になる農家さんは横浜市瀬谷区にある青木さんという方です。
大和市に程近い場所で、畑の多いのどかな風景の広がる場所です。

第1回訪問は4月下旬 畑に苗を植えました

↑さつまいもの苗 葉の部分を土の上に出して植えると、土の下で根が肥大して芋となる


お世話になっている青木さん。苗の植え方をレクチャーしてもらいました


畑に苗を植え終えた様子。元気に育ってくれ~!



第1回の報告でした。
これに合わせ、店先でもプランターを用意して、芋の苗を植えてみました。
畑にはちょこちょこ行けないので、このプランターを見て
畑の芋たちの成長具合をイメージしています。
プランターの芋の出来は期待できませんが・・・笑

横浜の芋が収穫できるのは10月頃。
品種は「紅はるか」で、色が濃くねっとりと甘みが強いのが特徴です。
これを使って商品を作れる日を楽しみに、
これからも定期的に畑に通います。
皆様も、楽しみにお待ちください♪

※6月の残りのお休みは
19(月)、26(月)です。


御菓子司 吉田屋
川崎市幸区小向町2-1
TEL:044-511-3859
FAX:044-511-3226
ホームページ
http://wa-yoshidaya.com/
Facebook
https://www.facebook.com/wa.yoshidaya
営業時間:6時~18時
定休日:月曜日(第3火曜日)   
※祝日・祭日の場合は営業いたします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【誕生餅】和音ちゃん、お誕... | トップ | 【地産地消】さつまいもを育... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

和菓子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。