『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』

『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』二件の事故が元で『複雑性PTSD・鬱』になって闘病している者の日記です。

うつせみ的こころ-『佛教葬の理由』

2017年04月21日 23時59分30秒 | 空蝉、現身、現人的こころ

「通夜」、「葬儀」、「初七日」、「四十九日」、「百箇日」等々

現代人にとっては、面倒なのか葬儀の際に「初七日」を済ませることが珍しくなくなった。

私からいわせれば、「遺族の怠慢」という他ない。

順を追って、行われる儀式は遺族自身、または縁者が故人の死を受け入れるための

「心の準備」とも言えるものだと思う。

それに昨今の著名人や会社社長・会長などの交友範囲が広い人々は

「葬儀」を行わず『偲ぶ会・お別れの会』など「宗教色」の寄り薄い内容になっている。

「故人を偲ぶ猶予」は、yourself(あなたにお任せ)というわけだろうか?

故人の死を多くの家族・縁者と共有することを日本人はいつから嫌い始めたのか?

残念な話しだ。

 

 

 

 

にほんブログ村

 

 

 

 

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追悼・京唄子師匠 「京唄子... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。