『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』

『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』二件の事故が元で『複雑性PTSD・鬱』になって闘病している者の日記です。

『バリアフリーとは?』-目に見えるものと、目に見えないもの

2016年09月18日 16時59分54秒 | 複雑性PTSD・鬱闘病記

バリアフリー体験通じ理解を 相模原市立鶴園小で教室

世の中「バリアフリー」という言葉がすっかり定着いたしまして、

それは主に「高齢者の為の住宅改装」、であるとか

視力に障害を持つ人の為の鉄道のホームの改造だとか、

車いすの方向けのフラット化などですかね?

しかしながら、「発達障害・精神障害」などの一見目に見えない障害に関しては

「バリアフリー対象外」という感じです。

「『発達障害・精神障害』に何が必要か?」

「心のバリアフリー」なのです。

昔からある「蔑視」なのです。

ある時は、「まるで生ゴミ」を扱うかのようにされる身の悲しさ。

それは場所を選ばず人を選ばず随所であるわけです。

理由は「自分と大きく違うから」です。

要するにバカなんですね(毒)

発想の許容範囲を超えているわけです。

「自分と違うものは『異常』なもの」というわけです。

さて、「心のバリアフリー」がなされるのはいつのことやら・・・

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 

 

 

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空蝉の現人的こころ『私は替... | トップ | まだまだ研究途中・・・『昭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

複雑性PTSD・鬱闘病記」カテゴリの最新記事