『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』

『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』二件の事故が元で『複雑性PTSD・鬱』になって闘病している者の日記です。

佛教哲学で『「笑うセールスマン」に見る「人間の業・欲」』を感じる-精神世界への誘い

2017年05月19日 11時33分22秒 | 空蝉の精神世界への誘い

最近、深夜に「新・笑うセールスマン」(多分再放送)を録画して見ています。

だいたいのパターンは、困り事を「笑うセールスマンこと喪黒福造」に見透かされて、

相談するところから話しは始まり、一時は願いや困り事が解消して一段落します。

・・・が、相談者は一旦得た幸せが崩されるときに更なる助力を喪黒福造に求めます。

それがもはや「過剰な欲求」だとは気付かずにいるのです。

「業」から「欲」へ転換したのを本人は解っていないのです。

喪黒福造は、相談者に「副作用」を言い聞かせますが、

もはや相談者はそのようなことを思う余裕も無く、「欲の世界」へ足を踏み入れると、

「過剰な欲の副作用」に遭ってしまって、逆効果になってしまうのがオチですが、

『最低限の業(なりわい)を営むだけだったハズが、欲に転化して溺れてしまう』

毎回、このパターンなのですが『学ばない人間の愚かさ』を痛感させられます。

例えば、各国が「ロケット技術」を競うのは、「ミサイル技術」を磨くことと、

「地球以外への移住」がおおよその狙いです。

まさに人間の愚かな『過剰な業』そして『欲』です。

なぜ、一歩間違えれば「大戦争」になりかねない技術を磨くのか?

なぜ、この地球が人間にとって「住みにくい星」になったのか?

全ては人間の『過剰な業』と『欲』なのです。

まぁ、昨今の佛教界はてっぺん辺りが「金の欲」に溺れて、

大学で教鞭をとっている「学問僧」は、ただ「知識欲」だけに注目し、

それぞれは真剣に「真の佛教の姿を広める」ということに緩慢です。

出家・得度しない方が世間を知り、欠けている物に気付くのかも知れない。

南無(あぁ~の意)

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コレクション『ネクタイピン... | トップ | ペギー葉山さん哀悼記念企画 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。