川の果ての更に果てに

Svensk,Danmark,Norges,Suomen応援ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルガリア戦展望

2006-05-08 19:46:16 | サッカー
ということで、もう明日に迫っているキリンカップのブルガリア戦。
日本側の方は食傷気味なくらいに情報が溢れかえっていますが、ちょっとブルガリアの方が錯綜しています。
マルティン・ペトロフも来なくなった…という話があるのですけれど、一方でブルガリアサッカー協会のリストにはまだ彼の名前が残っていたりと…ちょっとよく分かりません(笑)

ま、とりあえずブルガリア発表のメンバーはこんな感じの模様。
GK:ニコライ・ミハイロフ(レブスキ) ストヤン・コレフ(ロコモティフ)
DF:ロゼン・キリロフ(リテクス) ルッシオ・ヴァグネル、スタニスラフ・アンゲロフ、ジブコ・ミラノフ(以上レブスキ) アセン・カラスヴァロフ(スラビア) ヴァレンティン・イリエフ(チェスカ)
MF:ゲオルギ・イリエフ、ヨルダン・トドロフ、フリスト・ヤネフ(以上チェスカ) ディミタール・テルキシキー(レブスキ)
FW:ヴァレリー・ドモウチスキー(レブスキ) スヴェストラフ・トドロフ(ポーツマス) ゾラン・ヤンコビッチ(大連実徳) ツヴェタン・ゲンコフ(ロコモティフ) マルティン・ペトロフ(アトレティコ・マドリー)

M・ペトロフがいれば朗報ですが、いるいないに関わらず、怪我人が出れば代替者を怪我人のいるチームから選んでいるあたり、やる気なさげなのは明らかです。

で、まあ。
根本的にブルガリア。一応以前のエントリで「本気なら仮想クロアチアにはなる」とか書きましたけれど、書いてから考え直した結果「本気でもならないんじゃないか」に訂正します(笑)。
今のブルガリア、正直言って弱いでしょう。それはまあ、ユーロ2004に出たのは確かですけれど、本選ではスウェーデンに0-5、デンマークに0-2、辛うじてイタリアに1-2で三連敗。
それでいて、今大会の予選ではスウェーデンと同居して、ホームアウェーとも0-3で惨敗。二試合ともリュングベリにやられていてしかもセットプレーからも失点。予選のうちには進歩を遂げることができなかった模様…ま、ストイチコフだもの。名選手名監督にあらずの典型例になりそう(笑)。
他はクロアチアとはホームで1-3敗戦。アウェーで2-2(これもいかにもクロアチアらしい…[笑])。
どこのスポーツ紙か「堅守からのカウンター」とかありましたけれど、アイスランドやマルタあたりにも失点くらっている。無失点だったのはホームのハンガリー戦1試合のみで、あとはことごとく失点をくらっています。どこが堅守か(笑)。

しかも、これがフルメンバー揃っていての状態。揃えるだけ揃えていても、守れないM・ペトロフ以外攻撃できないベルバトフも頼りないとないないづくし(後二つはユーロでの印象ですけれど)。
今回のブルガリア代表、前回のエクアドル以上に二軍です。いるのかいないのか未だ不明なM・ペトロフ以外ではV・イリエフ、G・イリエフ、トドロフ、ゲンコフあたりが辛うじて。FW陣は当然控えですし、主力クラスはペトロフ込みで多分二名。国内組のレギュラークラスすら外しているあたりにストイチコフの漢気を感じずにはいられません(笑)

いや~、何か大変なことになっている(笑)
展望も何も、相手のモチベーションなんかを考えても最低2点差以上で勝たないとまずいでしょう。ということで、とりあえず3点差勝ちにします。いやま多少の願望込みではありますけれど、そのくらいやらないとさ。

試合展開を予想するならば、だる~いブルガリアの中盤相手に日本は序盤から攻勢に出て、チャンス沢山。あとはそれを決めてくれるかどうかというところで、仮にいつものように苦しんでいても今回のブルガリアなら、「君達が決められないなら、僕達が助けてあげるよ!」とかやってくれそう(笑)。
ペトロフがいるなら時折ロングボールを彼に向けるくらいでそれも前半まで。後半は完全に息切れで、しかも監督が監督なので策もいい加減でどうしようもなし。点を取られていれば放棄モード、点を取られていなくても「まあまあやったね」と適当に替えてやっぱり放棄モード…

…要はジーコの言い分とは違う意味で勝たねばならん相手だということです。
ダメだダメだと言いつつ、多少はマシかと思ったけれど…ここまでだったとは(笑)
ジャンル:
サッカー
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 更なる高みを目指して… | トップ | 怨嗟が止まらない… »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (地理屋)
2006-05-08 20:38:17
ブルガリア(しかも2軍?)では、仮想クロアチアにはならなそうですね。。。

いっそジェフのストヤノフを入れたほうが手強そうです(笑)

>地理屋様 (川の果て)
2006-05-08 21:40:11
まあ、クロアチアも波の激しいチームなので、「ダメな時のクロアチア」の仮想にはなるかもしれません…

全然意味無しですね(笑)



ストヤノフについては全く同感です。
TBありがとうございます。 (神崎大樹)
2006-05-09 09:21:29
貴重な情報を発信してますね。ちょくちょく読ませていただきます。
>神崎大樹様 (川の果て)
2006-05-09 11:45:02
いえいえ、単に時間があるので他所の国のサイトをちょくちょく覗いているだけです。正確かどうかも分かりませんし(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
日本代表’06も鈴木隆行! (Golden Blog)
 おはようございます。  あいにくの天気ですが、本日は 「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2006」 対ブルガリア戦が長居陸上競技場で行われます。  ワールドカップ日本代
寿人の挑戦を見守ろう。 (Football Innovation)
寿人のトップバナーも『NEED ”Hisato” in WC2006 』のメッセージも残念ながらあと1週間の命ですかね? FWなので今週のキリンカップでも出番はあるでしょうから,得点しアピールのチャンスは残ってるとは言え,ジーコ監督の会見内容を読む限りではW杯の面子は既 ...