カッパの淡々スイスイ

ヘラブナ釣りなんかの淡水ウキ釣

小川釣り堀園に行ってきた。小池デビュー

2017-07-17 21:00:00 | へら
2017年7月17日(月)海の日

海の日です。
さあ、海ではなく、内陸側のヘラブナ釣りに行きましょう!

GO GO九ちゃんフィッシング(マルキューのTV番組)で、へらスタイルそのままで防波堤で釣りをしていたのです。海に行ってへらスタイルでそのまま釣りをするのもいいかもしれません。
九ちゃんフィッシング へらスタイル海へ!

いえいえ、小川園でウドンの底釣りを楽しみます。一枚釣れるかどうか?
先週の復習です。復讐ではありません。
アタリを如何に出すことが出来るかが今日の課題です。先週はたまたま前半上手く行きましたが、途中で大失速。アタリを出せなかったのです。今日は子供はスカウトでいないし、昨日は家の掃除などして一日釣りに行かなかった分、釣りに没頭することにしました。

エサを準備しましたが、一回失敗したけど今日も三種類ウドンを作りました。

家を出て電車で行きます。常磐線から見える空は鉛色。我孫子駅に到着すると、雨がポツポツ降り出しています。天気予報は晴れのはずが大丈夫でしょうか?
バスで市役所まで行ったら雨が少し強くなり、コンビニで雨宿りすることにし、イートインコーナーで雨が止むまで朝食を食べ、熱いコーヒーをすすりました。8時前に小降りになったので、小川園に歩いて向かいました。


入場料は、本日はサービスして貰い、1,200円でした。感謝です。

【釣結果】
KUさんから小池の釣果が良いとのことで本日は小池デビューをすることにしました。
小川園に通って約一年半。これまで小池に入っていなかったのです。

KUさんは既に釣りをしておられ、ガッパは一人飛ばしで14番に入り、周りを見ながら準備を始めました。
周りはポツポツと釣れていますので、ガッパも期待が持っていました。昨日、一昨日の釣果も良かったとのことですので、余計に期待を持っていました。

本日のスタート
竿:11尺 皆空
浮子:さみだれ ウドン浮子 3番
ハリ:上下ダンゴマスター4号
ハリス:
上:将鱗TYPEⅡハリス 0.4号 30cm
下:クルージャン極弦へらハリス 0.35号 34cm

いつものように、オモリを外して底立てをしました。
底立て後にオモリバランスをするのですが、浮子は小池の深さに合わせて、いつもより1番ほど小さくしたものにしました。この浮子は最近追加して買ったモノで、家で食器洗い用の洗剤で油を落としては来てはいますが、棚取りの後しばらく池に漬けておき馴染ませておきました。

タナ取が終わったころ、ちょうどKUさんが来られコーヒーを頂きました。ごちそうさまでした。そして色々とお話しして、アドバイスも貰いました。
ある程度の時間、浮子を池に漬けていたのでここでオモリバランスをとりようやく準備が出来て、9時前に餌を打ち出しました。

先ずは、デカウドンを6投打ち、馴染んで・戻って・棚を確認し、打ち返し棚を調整したのでした。




次に、通常のウドンを打ち出して様子を見ましたが、浮子が動かなかったのです。
馴染んで誘って浮子がエサ落ちまで戻って打ち返しました。
いつものように、これを繰り返していました。(後で、これが反省点の一つになります)

ウドンもローテーションで打ってみてサワリを探しますが、ジャミにも邪魔をされて上手く触りが分かりませんでした。
多分触りが出ていたのかもしれませんが・・・

浮子の動きから、アタっていることもあったかもしれません。
そこで兎に角、動けば聴きアワセをしてみましたがカラ。スレもありませんでした。
カラが増えてくると、段々と浮子の動きに手が出にくくなってしまいました。

さて、そうこうしていると、浮子に触りが出てきました。
サワリさえあれば、後は集中することにしました。そして、ようやく10時半に戻ってツンの動きに会心の合わせでビシッと気持ちよく竿を曲げて満足しました。
1枚が上がりました。




これで、一安心。凸を逃すことが出来ました。
暑いのですが、今日は定期的にたっぷりと水分補給をしました。

こうなれば次に・・・そうは問屋が降ろさないものでした。
浮子は動けど、ジャミの動き。合わせてもカラ。
時々、ムッという浮子の動きが出てもカラ。ツンはどうやら糸ズレ。

これに伴い段々と体が浮子の動きに合わせられなくなっていました。それでも、どれがアタリなのかに集中しました。
本来は、浮子を動かせるように何らか試して、手を打ってみるべきだったと後で反省しました。
浮子の戻りから、棚も大丈夫と思っていたけど、計りなおしていたらよかったのかもしれません。
と、タラレバです・・・(汗

ジャミ攻撃が強く困りました。どうしましょうって思っていたら、またまたKUさんからアドバイス。
ジャミが出ているとことは、不思議と居付いているようですので、尺を変えた方がよいとのこと。

ダイワのXの12尺を出しましたら、横を見るとXがズラリと3人並んでいたのです。カッパを含めて4本のXが並びました。

さてさて、ここから改めて気を引き締めて3種類のウドンをローテーションしながら、兎に角合わせる。これだけでした。
浮子を動かす方法が・・・思考が停止していました。

12尺でもジャミが湧いてきたので、10尺のXに変更することにしました。Xの並びは崩しませんでした。

10尺にすると、浮子に明確に動きがみられるようになりましたが、これを合わせてみたけどやはりカラ。

3時半過ぎまで、釣れていないのはカッパだけ。そして、皆さん納竿していました。

カッパは最後まで粘ることにしました。
KUさんがまたアドバイスをしてくれましたが、本日は実行できずに納竿しました。

結果:1枚

帰りには、池主のご厚意で、天王台まで車に乗せて貰いました。どうもありがとうございます。


正直言うと悔しいけど、自分に足りないものが見えたように思います。

浮子を動かすためには、兎に角なんでもしてみることでしたという教訓でした。
棚を確認し調整する。(トントンから這わせてみる)
エサの大きさを変える。
マブシ粉、素ウドンでの変化。
ドロの使い方。
誘い方(誘う。誘わず待つ。大きく、小さく、タイミングの変化など)

これらのことの他に、気付いていなかったのがセッティングの盲点。
それは浮子のサイズです。
小川園では大きめが良いとのこと。
てっきり浮子は小さめでオモリを背負わないものが良いと思っていましたが、時にはオモリを背負うものが良いようでした。

これらのことをキチンとやっていき、その時の正解を探すだけではなく、間が空いたときにポツポツと拾っていけるようにします。
本日のカッパのブログは「反省点」をまとめて過去形を多用していて書きなんだかいつもと違っています。


こちらもどうぞ
【カッパの関連ブログ】
小川園まとめ


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
↑テキストをクリックしていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見次公園に行ってきた。また... | トップ | 浮間公園に行ってきた。ダブ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二人で閃光xxにはならないですかね (住宅ローン固定金利)
2017-07-17 21:36:00
あまり人と道具がかぶるのは好きではない(プライムエリアアイボリー持ってるやつが何を……)
ので、Xはそれなりに被らない自信があったんですけどそんなに並んでしまうと出したくないですね……。がまへらの凛刀迅みたいに色が変わるのが好きなんですけど。あと意外とオールラウンダー。乗っこみから冬の管釣りまで。なので最近はバレないようにサクラの竿を収集中!まず被らなくて柔らかいのが多いのですごく気に入ってます。ウドンセットで厳寒期道糸05にしてもトラブらないですし……僕の扱いが荒いのかもしれないですがね。あはは
Re:二人で閃光xxにはならないですかね (カッパ)
2017-07-18 04:05:33
住宅ローン固定金利さん

サクラの竿は良い竿と聞きます。道具に拘るのは、流石若手へら師!

どんな竿でも並ぶことはマレですよ。
壮観でした。
Unknown (「や」)
2017-07-18 16:04:38
こんにちは。
お見えだったんですね!!
自分は椎木湖でした。
先ほど小川園に寄ったら昨日カッパさん来てくれたよと
報告ありました。
小池は大池とは微妙に違うかもしれません。
妻は大池より釣りやすいようです。
お疲れ様でした。
Re:Unknown (カッパ)
2017-07-18 16:39:51
「や」さん

椎の木湖に行かれていたんですね。
あそこのヘラブナも大きいので楽しかったことでしょう。

小池は、大池とは微妙に違ったような気がしましたが、小川園ですので、どちらもカッパには難しいです。

小川園には同好会以外にもちょくちょく行って、少しでも腕を上げられるようにしたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL