カッパの淡々スイスイ

ヘラブナ釣りなんかの淡水ウキ釣

間瀬湖に行ってきた。初ボート

2017-06-16 21:00:00 | へら
2017年6月10日(土)晴れ

今日は雅さんと一緒に釣りに行くことにしています。
昨夜は、仕事で11時過ぎに帰宅してしまいましたが、釣りの準備をしていれば疲れが段々とワクワクとして元気になってゆくのですよね。生まれて初めてのボート釣りをするから、準備していたライフジャケットとボート止め金具をバックに入れておきます。釣り方はチョウチン両ダンゴを考えていましてその準備をします。使うエサはマルキューから出た新しいエサの「カルネバ」を試してみることにしましたので、裏書にあるブレンドの凄麩、マッハもバックに詰め込みまました。

準備が終わってから寝付こうとしても気分がハイになってしまっていますから、丁度「へら鮒天国」とYoutubeで「カルネバ」特集などを見て予習しますが、横になると自然とやっぱり疲れは溜まっていたようで・・・睡眠学習になってしまいました。

朝、4時に目が覚め着替え気持ちが急いて出発。どんなに急いで家を出ても電車の時間は決まっていまから、余裕がありすぎてしまうのですが、早く行きたい気持ちで歩く速度も速くなっています。熱中症対策にコンビニでスポーツ飲料500mlを4本、それと日焼け止めを買って持って行きます。既に真っ黒なんですけど、また焼いてしまうとヒリヒリするから日焼け止めを付けているだけですよ。

始発の東武東上線に乗り、坂戸駅で「雅」さんの車に乗り出発します。関越道に乗り本庄児玉インターで降りてから、間瀬湖に向かいます。



間瀬湖に到着後、一力の船着き場で雅さんに待って貰い、奥の一力に入ってから受付をして船乗り場にテクテクと歩いて戻ります。船桟橋で一力のオーナーが船の準備をしてくれていました。
カッパが今回が初のボート釣りということで、一力のオーナーからボートの乗り方、船の漕ぎかたなどを教えてもらい船出します。が、上手く操作が出来ずに苦労します。若かりし頃(中学生の頃)には、ボート漕ぎもそんなに苦労しなかったと思ったけで、歳を感じてしまいます。

雅さんが先に行って、ボートの乗り方、船止めの仕方を指導してもらい、釣りの準備を始めます。キチンと船止めすると安定し意外と快適です。

ただ、座るところが、竿から遠かったのがちょっと。多分他の道具などで座るんだろうけど、よくわかりません。取りあえず、ヘラ座布団を引いて座ります。


【釣結果】
チョウチン両ダンゴをしようと思いますが、昨夜は雷雨が降ったいうことであまり深いところよりも、浅めに居ると思い先ずは様子見で12尺を振ることにします。
浮子のエサ落ちは、ハリを付けていないメモリと、ハリを付けたメモリ確認しながらオモリバランスを決めておきます。



エサはマルキューの「カルネバ」とその裏書にある「凄麩」「マッハ」でエサを作ってみますが、どんなエサなんでしょうかね?
先ずはボソタッチとしてみるけど、そんなに粘っている?エサは軽いようですけど、いざエサを打ってみてどうなることか試してみますと馴染まないのです。浮子はPCムクトップを使っていますけど、餌を親指の先位に大きくして圧を掛けても馴染み幅が殆ど出ません。エサ付けをシッカリするべきかもしれませんが、実際の圧はどの位がいいのか感覚が分かりません。チョウチン両ダンゴ自体はあまりしていないし、新しいエサですから、コツが掴めないのは当然ですよね。

おっと、昼食を頼むのを忘れていました。一力に電話すると、昼食のかつ丼を予約できました。

馴染みと戻りを確認して触りが出るまで、ひたすら寄せに徹します。ある程度、エサを打ってから馴染ませ(何度も馴染まなくて苦労したけど・・・)浮子が戻ってから打ち返してみます。今思うと、この時点で、一度、オモリを外してからエサを打ってみて、ハリの重さでどのようにエサが落ちるか確認しておけば、水中のイメージが持てたのかなって・・・帰り際に後悔(?)してしまうのです。

雅さんが、先に魚を釣り上げていていますが、竿が持って行かれそうになったり、右へ左へと竿を裁くスレの様な動きです。しかし、格闘後に40cmクラスの魚が釣れていました。

カッパは何投か打ってみると受けが出てきたので、ダンゴを小さめにして丁寧に付けて何投かしていると、馴染んでいく途中でスッと浮子が速く水中に消え、合わせるとのります。上がった魚は40cmクラスの良型なので、写真を撮ろうとしたら、スマホが高温でカメラが使えないのです。仕方がないのでリリースし、ペットボトルのスポーツ飲料でスマホを冷ますことにしました。

この辺りから受けがしっかりでるのだけどその後が浮子が沈まず、エサ落ちになりエサも持っていないようです。人指し指の指先大にして少し練ると浮子はすんなり入るので、少し小さくして練ってみるて受け、馴染み、触りを連動するような餌の手揉みを調整してみて、ようやくアタリました。

釣れたら、元上まで竿が引っ張られてスレかと思いましたが、引き上げて水中を見てみると、喰っていて必死に潜ろうとしています。どんなに大きいのかと期待しましたが2枚目は小さいので少しガッカリでも、引きは堪能できました。



エサを同じ様に調整しているつもりでも、浮子の動きや馴染み方のパターンが違いすぎることが多々あります。多分、カッパのエサ付けがバラバラだったと思います。
次に浮子がスッと入ったけど合わせ上がってきたらスレ。

その後は、浮子の反応が薄くなり時間が過ぎていきます。食いはイマイチなようで、周りも釣れていないと言う声が聞こえてきます。

薄いながらも反応があるから、喰い頃のエサのタッチを探し、手水で軟らかくしますがどれが正解なのかよく分からりません。チョウチン両ダンゴは久し振りだし、初めてのエサだから・・・いつも、ダンゴの接点探しはカッパには難関問題です。

ハリ持ちが良いとの触れ込みを信じて、ドンドンと手水で軟らかくして様子を見ますと、ようやく喰い頃のエサをみつけて、トントンとアタってきます。

アタれば竿の元まで!引っ張られるのです。竿のしなりに任せてグッと絞り引き合いを楽しんで玉網に入れます。沖は型が良いようで釣れたときの引きは最高ですよ。だから、間瀬湖は大好きな釣り場です。

4枚位タッチが決まって釣れたのですが、昼前になりサワリが減り、浮子が鋭く入ってもカラツンでアタリが遠退きます。エサもなくなり、カルネバと凄麩のブレンドを少量作ってみて、エサうちしても改善しません。

お尻が痛くて我慢しているけどけど、船から落ちるのが怖くてお尻をズラセないビビリなカッパです。
アタリが取れず、お尻が痛い。辛抱強く我慢する修行に入りますけど、本来の楽しく釣りをしましょう。

辛抱してエサのタッチを変えてみると触りはあるけど落ちないのです。この時、魚が上に上がっていたがことの判断が鈍っていて気付かなかったわけです。え?いつも鈍っていますか・・・

お昼になり、一力のオーナーが船で昼飯を持って来てくれました。
湖上で緑色の木々を見ながらカツ丼を喰うのはより美味く感じるものです!

風で波立ちますが、船の揺れはさほど気になりません。そうはいっても今のところは風はさほど強く吹かないので、当然船酔いなんてありません。

浮子は動けどアタリはないので悩んでいるカッパを後目に、こから雅さんが釣れ出す。棚は一本半くらい。
水の中をよく見てみると、ヘラブナが泳いでいます。
竿を短くし今日持ってきた最短の竿の10尺のXに変更します。

チョウチン釣りをしてみても、今度は疲れが出始めて組み立て棚を作るのが雑になってしまって、エサのタッチの感覚が上手くつかめず棚が作れない。といいますか、この棚には魚があまりいないようで、魚を呼び寄せるなんて出来るわけもなく釣れやしない。
気付くのが遅いのは、単にカッパが下手っぴな証拠です。

ならば、魚のいる場所に段々と浮子をハリの方に下げていき棚を浅くしていきます。
とうとう、セッティングは変えず浮子下80cm位にして、エサを調整して釣り出します。バランスが良いかどうか分かりませんが、触りは浮子に出てきますが、落ちません。
それでも、何投か打っていると、バスって分かりやすいアタリで気まぐれなヘラブナが釣れます。

2時過ぎに雅さんと納竿のタイミングを決め雅さんが上がりヘラを釣った時としました。

すると、ものの5分程度後に上がりヘラを釣ってしまい、納竿となりました。(カッパは雅さんが釣った後、4投くらい諦めが悪く打ちましたが、駄目でした。)

結果:8枚

全て尺オーバーで40cm位まで。引きは、無茶苦茶楽しめます。こんなの味わったらもうたまりません。

戻る時は船先で1本オールで漕ぐが立てないので膝をついてしまう。ビビリなカッパ。

あ~、間瀬湖のボート釣り、マジ楽しかったっす!
雅さん色々とお世話になりました!

では、また。


こちらもどうぞ
【カッパの関連ブログ】
間瀬湖まとめ


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
↑テキストをクリックしていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小川つり堀園に行ってきた。... | トップ | 小川つり堀園に行ってきた。... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みやび)
2017-06-17 01:38:22
例会か何件が入っていたようで、舟の残りが3艘しかなく、後ろに敷くスノコが残っていなかったので、座るのがたいへんでしたね。今度は銀閣2台持っていきます。
両団子のなじんでからの待ち時間を指摘していただいたので、ユーチューブで熊谷さんのビデオで勉強しました。
で、木曜にびん沼行ったのですが、びん沼ではじめて大小あわせて20匹くらい釣る事ができました。
もうボートは大丈夫でしょうから、今度は避暑で富士五湖ですね。
夜勤中にお暇ちゃんこいてます (住宅ローン固定金利)
2017-06-17 04:13:39
カルネバ気になりますけどかさ張るから粘力で良くね?と親父に突っ込まれ未だ買ってません。指圧調整するには向いてると聞いていたのでナオエにでも行って買ってこようとするも車運転するのが面倒臭い……原付で行くのも面倒臭い……で結局行ってません大爆笑
ボートで食べるカツ丼は何故か美味いですよね。何年も行ってないですけど……。
明日強引に彼女の里帰りドライバーしながら道の口?って所に竿出しに行ってきます……。釣りできるかな……。出来たらいいな……。底釣り両ダンゴやりたいなぁとか思ってます……。
夜勤終わりに田園やら逆井やらに出没してるので今度はこじんまりとした所で勝負をお願いします……。
お世話になりましt。 (カッパ)
2017-06-17 21:18:53
みやびさん

お世話になりました。
ボート釣りは楽しいですねぇ。また今度行きたいですよ。
びん沼で20枚!流石です1

間瀬湖でも、いい型を引っ張ていましたしね。

また今度よろしくお願いします。(#^.^#)
Re:夜勤中にお暇ちゃんこいてます (カッパ)
2017-06-17 21:22:05
住宅ローン固定金利さん

カルネバの良し悪しは、取りあえず使ってみないとねぇ。
カッパには、まだ使いこなせないし、そんなに使わないかな・・・

カッパもしばらくは底釣りをしていそうなので、今度こじんまりとしたところで一緒に釣りをしましょう!
勝負は、小川園ってのはどうざんす?
間瀬湖最高! (JUN)
2017-06-18 17:53:41
ボート釣りいいですねぇ・・・
自分はまだ経験無いですが、何時かは経験してみたいものです

カルネバは本当に難しい餌だと思います
釣り人が調整出来る幅が広いのでそれはそれで楽しいとは思いますが・・・
まだまだ粘麩が手放せそうにありません
Unknown (「や」)
2017-06-18 19:00:29
こんばんは。
ボート釣り 楽しかったようで・・・
自分は妻を松原湖でボートに乗せたのですが
大変でした。
水深のある所での釣りは楽しいと思います。
自分は松原湖で楽しんできました。
いつかご一緒しましょうか!!
Re:間瀬湖最高! (カッパ)
2017-06-18 22:48:39
JUNさん

間瀬湖は最高ですよね。
ボート釣りを初挑戦しましたが、楽しいものでした。
JUNさんも、ボートを漕がれたようですが、今度はボート釣りを楽しまれるといいですね(^^♪
松原湖 (カッパ)
2017-06-18 22:50:17
「や」さん

松原湖で奥さんがボート釣りをされていたとは!
ビックリです(失礼)

水深のあるところでの釣りは気分がいい気ですよね。
いつか、ご一緒お願いします。

コメントを投稿

へら」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL