カッパの淡々スイスイ

ヘラブナ釣りなんかの淡水ウキ釣

小川釣り堀園に行ってきた。秋季大会参加

2016-10-30 21:30:00 | へら
2016年10月30日(日)

今日で10月のお休みも終わりです。そして、小川園の秋季大会に初参加します。

昨日、家に帰って夕食食べた後、準備をしていますと昨日の水光園で使ったウドンがイマイチ気に入らない。あまり使わないかもしれませんが、またまたウドンを作って寝ました。その後も、なんだか寝付けずウダウダしていて、いつの間にか眠ってしまいました。朝起きると、4時前と少し寝坊気味ですが、始発電車には充分間に合います。天気予報では寒いと言うことですので、しっかり防寒して・・・あれ?駅に着いて気付いたがあまり昨日とは変わらない服装かもって、股が少し冷たい。上はしっかり防寒しているけど足は大して防寒していなかったんだよな。まあ釣りを始めた足にタオルを掛けて防寒しますか。

話は少し前後しますが、家を出たときに雨が降った後があります。あれ?雨降っていたのか気付かなかったようです。
今日は、寒いし、雨上がりですので、色々と厳しい釣りになると覚悟しましましたけど、もともと今日の目標は凸逃れです。


ロッドケースにはお手製のお札を付けておきました。
そしてロッドケースの中の竿を確認すると、青いFの竿袋があって安心・・・ん!?Fの16尺を持ってくるつもりがFの13尺を持って来ていました。16尺の方が釣れると思ったけど、仕方ないや。

常磐線の我孫子駅に到着する前に「や」さんからCメールが来て、到着時間を告げて迎えに来てもらいます。本当に感謝、感謝です。小川園に到着してから、kodaさんとご挨拶。七月以来ですです。今日の釣りのことや先週のことなどを話して抽選時間を待ちます。

6時から座席の抽選が始まります。大池用と、小池用に釣り座の抽選箱が分かれています。抽選の順番は43番ですので迷わす大池の抽選箱に手を入れて釣り座カードを引きます・・・沼側の陸っぱり(北向き)128番。今日の天気予報では北風・・・正面からの風は苦手です。kodaさんに釣座を聞いてみると、129番!隣です。これだけ参加者がいるなか、隣がkodaさんとは、ビックリ!!!これでかなり、気分も楽に釣りが出来ます。

大池に入りましたから、竿は持って来た13尺に否応無しに決まり、釣座に座り開始時間まで竿を出し、底立てを終わらせて待っておきます。



【釣結果】
1時間は釣れないと思って、じっくり攻めるようにと、「や」さん、Kodaさんからアドバイスを貰っています。渋いならエサは先ずは両ウドンからです。まぶし粉は当然、小川園で買ったペレットを使用します。
ちなみに、グルテン(凄グル、いもグル、新ベラグルテン)、ダンゴ(夏、冬、粒戦、マッハ)も持って来ていますが、これだけ持ってくれば重いし嵩張ります。疲れた。

ウドンは、野本釣具のウドンと、Gウドンを用意ました。昨夜作り直したのは、Gウドンの方で、なかなかいい出来です。ウドンもその時々で食いが変わるようですので2種類は作るようにしました。

先ずは、一昨日の金曜日に作った野本ウドン。一日冷蔵庫に入れていたから、まぶし粉の付きは剥がれやすいようで、まぶし粉を付けてコロコロ押して、ドロを付けてからエサ打ちを開始します。底は結構凸凹ですので、出来るだ同じ場所にエサを打つようにします。浮子の馴染み加減を見ながら棚を微調整して行きます。這わせたり、トントンにしたり・・・
この前使った仕掛けをそのままの状態にしたハリが角マルチ4号を使いますけど、やはり、ハリが重いです。
両ダンゴならばこのままでOKでしょうけど、この渋さでウドンの場合には重すぎるかも。そう思ったら、面倒くさがらず直ぐに修正行動します。ハリをクワセマスター3号に変更し、ハリスは0.35号って中途半端を使用し太さです。長さは上30、下35からスタート。

ウドンを打って待ちます。かなり待ちます。浮子のトップが餌落ちになるまで待って、その後も待ってみます。

その後、餌を付け替えて、同じ様にゆっくりどっしり構えて釣りに望みます。時間にすると、5分から10分以上くらいかな。もっと長かったかも。
浮子が動くのを待っていても、隣でkodaさんとのおしゃべりで、あまり長く感じません。

向の桟橋のへちに座った人はウラメシイくらい竿が曲がっています。釣れる釣座を引くのも腕の一つですけど、そうは言っても、釣れないと羨ましい限り・・・寂しい限り。

しばらくすると、へち以外でもポツリポツリと竿が曲がる人が増えてきます。kodaさんが教えてくれて、竿が曲がっている人はほぼウドンのようです。右三つ隣の名人もウドンでヘラを上げていました。

ウドンはいける!
こう思うと、釣れる気がしてきすけど、13尺と中途半端な竿の長さが気になります。
今日の目標は凸逃れの1枚。
ウドンをGウドンに変えます。新しいウドンの出来が良かったから作り直していて正解でした。マブシ粉を剥がれにくくしたりして、動作を更にゆっくりして待っていますと、もじもじして黒帯分だけチクッと入ったから合わせると、底バレしてしまいました。ヤバい。
ここで一旦トイレ休憩したりして体を伸ばしたりして床休めをしてから再開しました。
13尺でもいけるのではないかな。

それにしても寒い。寒すぎます。釣れないのもあるけど、本当に風が冷たい。

出来るだけ、同じ場所にエサを落とすようにしてから、じっくり待ちます。待ちます。待ちます。

エサを付け替え、待ちます。待ちます。待ちます。
チクっ
いいアタリが出ました。竿が曲がって、ヘラブナが暴れます。スレかと思えましたが口にハリは掛かって1枚目。元気がいいです。
これで、今日の目標をクリアーし、しかも、底釣りのアタリらしいアタリで釣れて満足。ついつい、口数が増えます。ヘラブナもエサを喰う口数が増えればいいのに・・・

向かい側に見える桟橋では竿が曲がって釣れています。いいなぁ。腕もあるけど、場所もある。多分、場所の影響が大きい。ヘラブナがいないと釣れませんから。

なら、寄るまで待ちましょう。モジモジもなかなかでないけど、ようやく出てみたものの、落ちない。静かになったり、もじもじしたり。
ハリスを詰め下を34cmにします。段差が5cm以内がルールならハリスを詰めるだけ。「や」さんから教えてもらったコツの一つです。

また、餌を打って待っているとモジモジ。今度は食い上げで良い型のヘラブナが釣れました。
よっしゃ~2枚目。

それにしても渋いです。
ウドンで待っています。
渋いのに、釣れないのに人が集まる小川園の大会。不思議な魅力があります。

池の中にはヘラブナが沢山入っています。もちろん、新ベラも入っていますが手賀沼の野ベラです。警戒して口を使わないから新ベラが入ったからと言っても養ベラを入れている池とは訳が違うんですね。釣れるまでには時間が掛かるとのことです。年末年始頃?

お弁当を配りにきました。いなり寿司とかんぴょう巻き。カッパの好物です。カッパの好物はカッパ巻きが定番とは限りません。

池を見ても、相変わらず静かです。ヘチだけ竿が曲がっているから、ヘラブナはヘチにしかいないのでしょうかね。目の前の水の中には、ヘラブナがいるはずなのに、泳いで来ない。
釣れない時には棚が合っているか確認ます。下のハリスを更に33cmにしても、今度は反応がないし、釣れる気がしません。だから、34cmに戻します。

モジって当たったから合わせると、またまた、底バレ、ハリス切れ。

その後、トイレ休憩後にエサを打ち出して待って待って待ってまら、ツンと入った時にたまたま引きアワセをしてマルキューで1枚追加。ラッキー。
これで3枚目。

釣れない時間があっても、隣のKodaさんの会話が楽しいので時間が過ぎるのが早く感じます。

11時過ぎになったので、ここでお弁当を食べます。正座をして気を引き締めて、ゆっくりと食べます。って、アグラで足が痛かったから正座で座って周りを眺めながら食べただけです。

ゆっくりとした動作で餌を打って長く待っているから、ウドンの減りが少ないです。ウドンは大きめ、小さめ、まぶし粉を剥がれ易くしたり、ドロもまぶしてしっかり付けたりして色々と試してみましたが、改善されません。

そうすると、エサを打ってから、落ち込みのタイミングで浮子がツツ~と動けばついつい合わせてしまいました。ここは落ち込みアタリはダメですからね。頭ではわかっていても体はついつい。運よく(!?)バラしたから事なきを得ました。ホッ。

まぶし粉を打つ回数を増やして、待つ時間が減っています。
でも浮子が動きません。
焦ってきています。やはり釣れないと面白くないですからね。

この時間になると、上にバラケ(ダンゴ)、下にウドンのセットの釣果が上がっています。
どうしようかな・・・午後になり待ち疲れて今更、ダンゴを作るのも面倒です。ということで、両ウドンを続けます。実は、ハリスの長さを調整するのも面倒になっています。でもね、隣のKodaさんとのトークが唯一の救いで気力が維持できます。

この後、待ちに待ったツンという一節いいアタリが出ましたが、ヘラブナが沖に逃げてバラしてしまいました。悔しい。

2時に納竿となります。釣れない時間は過ぎていきますが、釣りを続けます。最後の1投でムズっと入って頭の中ではダメかも、でもアタッたと、そしてやっぱりバラシタと・・・
納竿

結果:3枚 3kg

一に場所、二に場所、三に場所、その次に腕なのです。そう思います。そうなんです。
ちなみに、カッパは、こんなものです。

秋季大会の取材でへらニュースとドボ健さんが来ていました。ドボ健さんは、「や」さんと一緒に小池に入っていたようで、1枚釣れたとのこと。
隣のKodaさんは・・・Kodaさんのブログで結果を確認してください。

小川園の春・秋の大会の景品はいいのです。
1位から20位までと、後は飛び賞とフナ(27)賞が出ます。
これはカッパは外れましたが、まだ、抽選があります。
賞品は色々とでまして、内容は様々。
目玉商品は、ヘラバックとロッドケースのセット、そして自転車です。
あと、お酒などもあったようですけど・・・


カッパも当たりましたよ。


商品は割烹着で、いつものようにカッパの奥さんに見せたら、大喜びしていました。これからの寒い季節になると、割烹着は温かくセーターを着ても袖が汚れないから嬉しそうにしています。これで小川園の釣会に行くのは奥さんも容認だけでなく激励も貰えています。

ヘラバックは当たっても重くて持ち帰れないかもしれないし・・・と、負け惜しみと言ったり、自転車が当たったら、間違いなく巣鴨まで乗って帰ってやると無謀なことを言ったり・・・

次は春の大会に出ます。
その前に、来月こそは、同好会に参加します。
来月に参加できなければ、12月は用事があるので行けなくなって、寂しいです。

釣れなくても、釣れるように考える楽しさがあるから、小川園に来るのかも・・・釣れる小川園の方が絶対楽しいですけどね。


こちらもどうぞ
【カッパの関連ブログ】
小川つり堀園まとめ

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
↑テキストをクリックしていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芦田湖 水光園に行ってきた... | トップ | 荷物コンパクト化(釣り方) »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい!すごい! (晴釣雨読)
2016-10-30 22:05:16
時系列にて釣果を堪能できるのはすごい!ひたむきなカッパがんばれ!大会の上位を狙うより、心の満足を得られるほうを得られた貴方はすばらしい!表彰状カッパ殿!
Unknown (マンちゃん)
2016-10-30 23:56:11
一度小川園で釣りしたいですね

ペレットついてる間はカラが多くなります。
はがれ具合が合うように調整を

打って寄せる、待ってのせるのリズムを意識すればもっと釣果稼げるような気がします。

ブログ読んだだけで勝手な感想ですいません。。
照れます。 (カッパ)
2016-10-31 07:19:18
晴釣雨読さん

はじめまして、稚拙な文章のカッパのブログを読んで頂いてありがとうございます。
腕が腕だけに釣れません。
まあ、小川園の釣りは、1枚を釣る楽しさがあると思ていますので、こんなモノでしょう。

これからも、カッパの釣れない(ことがほとんどの)ブログを読んでみてください。
小川園には是非 (カッパ)
2016-10-31 07:28:22
マンちゃんさん

小川園の釣堀は是非行ってみてください楽しいですし、気持ちいいですから。
野釣りの釣堀で難しいけど、ウドンの底釣りが効きます。底釣り専門池ですので、底釣りだけでした。

ハリスが最長35cm、段差が5cmと規定も厳しいように思われますが、これで釣った嬉しさはたまりません。

コメントの通り、ウドンのまぶし粉の剥がれ具合の調整が下手っぴなんで、釣果がイマイチだったんでしょうね。もう少し、上手くここをコントロールできるといいなぁって、思ています。

ペレットが着いている時は、カラも多いのですね。参考になります。これからもよろしくお願いします。
Unknown (koda)
2016-10-31 08:11:12
おはようございます

どうも、恐れ入りました。凸街道まっしぐらの爺がのたまうのも恐れ多い事ですが・・・あの底バラシ、引っ掛けを食わせていれば・・・。魚が居たわけですからね。

爺はつまらないおしゃべりで大漁、凸でしたがまぁと思いましたが、2週連続で、凹みちょっと竿を振る気が失せた感じです。
お疲れ様でした。
お疲れ様っした (すー)
2016-10-31 14:44:02
例会参戦お疲れ様っした

凸らんくて良かったっすね
場所にて釣果のバラツキだった?
この規模だとへち有利?
底縛りハリス長さ縛りの箱は難しいっすね
それでもkodaさんに釣りイロハお話しでき
て楽しかったんでしょう(^^)
竿袋同じだから何尺か間違えるのも良くあ
り一天7本あるからいつも注意してます(笑
明日は鎌北湖底釣りメインで風次第で中尺
楽しんで見ます!1人は当分敬遠っすけど
2人以上なんでどうなることやら(笑
お疲れ様っした(*^_^*)ノ
大健闘でしたね! (鮒)
2016-10-31 15:49:41
いや~釣行の内容を拝見するととても渋かったようですね!優勝者が17k程度だったことを想像すると、この混雑の中での3枚は大健闘ですよ!私も小川園を知っているだけに、なおさら3枚!よく3枚も釣ったよね・・こんな感じですよ。
小川園の何かが魅力があるのでしょうね!釣れないのに人が集まる魔法がね、機会を作って同好会に参加してみたくなりました。
上のコメントは (鮒キチ)
2016-10-31 15:54:12
鮒キチです。キチが抜けました。
kodaさんお世話になりました (カッパ)
2016-11-01 06:10:45
kodaさん

まさか、100名以上人がいる中、お隣になるとは思ってもいませんでした。

渋かった中、色々と面白いお話をしてもらって楽しかったのですが、kodaさんは二週連続とは・・・

次は、11月の同好会でお会いできることを楽しみにしています。
鎌北ですか! (カッパ)
2016-11-01 06:15:02
すーさん

小川園は、釣堀ですけど、底釣り、ハリスの長さの縛りよりも、ここにいるヘラブナが、野ベラ出身の方が影響大と思います。
だから、野釣りの釣堀。楽しいですよ。

鎌北湖は、天気は大丈夫でしょうか?
楽しめるといいですね。

コメントを投稿

へら」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL