河村顕治研究室

健康寿命を延伸するリハビリテーション先端科学研究に取り組む研究室

科研費の募集要項の大変化

2017-06-14 | 研究・講演
先週と今週の2回に分けて、科研費の説明会が東京と大阪で行われている。

私は本来ならそれに参加すべきなのだが、講義もあり参加できなかった。

先週の説明会の情報が伝わってきた。

若手Aは基盤Bに統合されるために無くなる。

若手Bの対象者は、今年度までは40歳未満であったが次回からは年齢に関係なく博士取得後8年未満の者を対象とする。

萌芽研究については基盤Aと同様の審査方法(総合審査)に変更される。



今年度から萌芽研究の審査結果の通知が4月から7月に変更されており、それを知らずに本学の萌芽研究は全滅だと早合点していたのだが、来年からは科研費の募集の枠組みがずいぶん変わることになりそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リハ学会3日目 | トップ | 年越ししたハイビスカス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研究・講演」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL