おでぶな、あらため太めのコーギーと迷い子猫と都会に帰りたいおじさんの切実なつぶやき! 

40代でUターンしたおっさんが、
田舎のなにもなさに飽きて、太めなコーギー
マリィと居候猫ピピに愚痴をつぶやくところ

朝から、すこし愚痴でも。

2017-05-20 11:58:03 | 愚痴

慰安婦問題では拷問禁止委員会が韓国が見直しを勧告され合意の見直しを迫られるやら、共謀罪では同じく内容の問題性を指摘されるやら、どうも日本は、この面では後進国というレッテル貼られているみたい。それでも無視を決め込む日本政府の方針。メディアも大きくは報じないし。

文科省の例の加計学園の文書確認調査では、聞き取り、文書のあるなしだけで「確認できない」、削除履歴は調査しないということ。そ、それでは・・・・調査とは・・・言わないのではない?削除履歴なんかすぐわかるでしょ。削除されていても、痕跡残るでしょ。森友問題も見え見えの証拠隠し、国民、なめなめですよ。まあ、こうしたのも、自業自得ですけど。

アメリカ、アメリカ追従するのなら、もう1回アメリカに民主主義を教えてもらうことですね。同じように中立な特別検察官にでも調査してもらったら信じますけど。日本じゃ、どうも民主主義のシステムがいまだ熟成していないようです。

お隣の韓国もそんな制度がありましたけど、日本は? なにをやっても、無視、国連組織に言われても無視、どこか、国連の勧告を無視する、某国と同じですね。

外の国からみたら、どう見えているのだろう。壁の中で情報遮断されて、のほほんと、お湯の中にいるカエル状態の国民がみえるのじゃないか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫は怖い?マリィさん。第2弾 | トップ | 暑かったからイラストと、ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愚痴」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL