おでぶな、あらため太めのコーギーと都会に帰りたいおじさんの切実なつぶやき! 

40代でUターンしたおっさんが、
田舎のなにもなさに飽きて、おでぶなコーギー
マリィに愚痴をつぶやくところ

ネット記事から2題

2017-07-13 11:32:35 | 愚痴

今日の新聞記事から、電通のお話。

電通を巡る違法残業事件は12日、東京簡裁が「略式命令は不相当」と判断し、公開の法廷で審理されることになった。異例の判断に、略式起訴した検察からは驚きの声が漏れ、労働問題の専門家からは「社会へのメッセージになる」と評価する声が上がった。 以上 引用

人が死んで、度重なる是正勧告にも耳を貸さず悪質きわまるブラック企業を、略式起訴で、責任者出席での審理せず少々の罰金でお茶を濁す予定だった。これじゃ、死に損だと思っていたら、簡易裁判所がやってくれました。少なくとも、裁判官にはお礼を言いたい。これを許したら、日本の労働環境はいつまでもよくならない。

このことは、検察がなんの助けにもならない、正義を貫かない、あちらよりの姿勢を忖度するのがよくわかる。例の詩織さんの、どなたかのお友達による性犯罪も不起訴になったり、本当は無罪の政治家を国策捜査でひきづり下ろしたりするし、どこまで公正なのか疑問だ。中立の立場でチェックする機能を持たない日本の民主主義は、本当は民主主義の必要条件を満たしていない。

もう一つ、連合のお話。

政府は、労働基準法改正案を、連合の要請を受けて修正する方針。これは、連合執行部の突然の方針変更によるもの。これに対し、組織内や民進党から異論が噴出している。 以上 引用

もはや、だれのための組織か疑わしい。組織のトップの方で、政府にすりより官邸と談合ということか?

連合はもはや、蜘蛛の糸にすがる亡者のような存在になり、後ろからくるものを蹴り落とすつもりか。大企業の将来は軒並み暗いと思うから?

電力は哀れ原発頼みだし、自動車も電気自動車になれば、技術の優位さは吹っ飛び、中国に取って代わられる。電気ももはや、なんの力もない。ひたすら、政治にすがるしか延命できないと思ったのだろう。既得権益だけを確保したい、日本全体より自分が大事、こんな立場だろう。

今回はしごを外された民進党は、連合を切って生まれ変わるいい機会なのに。

相変わらず、のんきに、旧態依然とした政治屋構えしている。今の一強と言われるひどい政権が生まれた理由の多くが、旧民主党の失策からきているのだから。

全く、新しい受け皿を希望する。

こんど、デモでもいくか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マリィが煮えるから、ほんの... | トップ | 本当の姿が露呈してきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL