おでぶな、あらため太めのコーギーと都会に帰りたいおじさんの切実なつぶやき! 

40代でUターンしたおっさんが、
田舎のなにもなさに飽きて、おでぶなコーギー
マリィに愚痴をつぶやくところ

いろいろ

2017-06-13 21:49:22 | 日記

暇つぶしに、テレビを見ていると、家族で給食のパンの話題になった。

で、古い時代のわしの場合だと、以下の内容だったのを思いだした。

小学校6年間 コッペパン1個(脱脂粉乳、副食一皿)

中学校3年間 食パン4枚(牛乳1本、副食一皿)

小学校の時は、子供だから、それでも負けずに、飽きもせず食べていたけど、ミルクだけは3年生くらいには鼻つまんでのんでいた。

中学校の時は、2年生の2学期くらいから、どかっと出される食パン4枚(そのままの食パン)にさすがに見るだけで食欲がなくなった。ひどいと思いません?食パン4枚は。

他の家族に場合、奥さんは、わしより6才下だし、隣町の出自だから、中学校は弁当だったという。娘たちは、揚げパンあり、米ありで、わしの頃に比べてずいぶん恵まれていた。

わしたちの時代は、食べられればいいという時代でもなかったと思うのだけど、ほぼ虐待にちかいんじゃないか。今だったら、暴動起こすで、こりゃ。

それはそうと、明日は奥さんのありがたくない誕生日、うんじゅううん才になる。社長にお願いして、イラストみたいにすこしいいものを食べるかなあ。見島牛か、見蘭牛でも。

 

いいよおおん、肉でも。頂戴。

 

更に、話はつれづれですけど、いつもと違う時間帯だけど愚痴言わずにはいられない。

ところで、四国の獣医学部新設の国家戦略特区諮問会議の主要3メンバーが誰に言わされたのか記者会見で、「一点の曇りもない」と叫んでいた。でも、この会議の議長は、疑惑の本人ですから、証人には当然なりませんから、印象操作要員ですね。

しかも、大した記者会見の内容もなく、一点の曇りもないと堂々。切羽詰まっての小芝居くさい。

実は、次に学園ドラマの第3ステージが始まるらしい。どこまで、耐えられるか、楽しみにしておこう。

費用対効果の問題で凍結にされていた、隣町の、長門・俵山道路がゾンビ道路として急遽復活、あっという間に事業化された。こんなこと、当たり前のようにやっているから、学校ぐらい、いくらでも作ってやるわい、どうせ、金は税金と将来のつけ回しだし、くらいに思っているんやろ。

すっきりしませんね、一般庶民にとっては、外国のドラマ(日本のドラマはいかん、結論がいつもすっきりしない)みたいにすっきり解決し、ちゃんちゃんとなってくれ。

あれ、プロ野球、巨人がソフトバンクに勝ってる。3連敗濃厚だと思っていたのに、ソフトバンクの熱狂的なファンである九州の親戚が怒っているだろうな。そっとしておこうか、慰めのメールでもしておこうか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり、東京は特別? | トップ | イライラ 昼は イライラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL