もとdaregaitsdoco.com

成田 正の楽屋入り口 by STHILA COMMUNICATIONS

飽きずにまたまたディスクねた

2017-06-20 08:33:32 | ●Audio&Visual

 宅内のSACDを掻き集めるのと、ビニケ入りの2枚組CDをプラケースに戻す作業に熱中。そのこと以外は食事を採るだけで、ほぼ半徹状態になったが、気張ってやって良かった。さっと引っ張り出せないところにあったSACD、それもシングル・レイヤーを中心に仕事部屋の棚に集約させることができた。もちろん、ターゲットはまだまだ随所に潜んでいるので、これからは何か事あるたびに、ということにするが、ディスク1枚用の特注ビニケに移してしまったタイトルの発掘には難儀しそうだ。手近に持ってきて良かったシングル・レイヤーの一番は、ユニバーサルのUCGU-90**シリーズ(2010年発売)と、ワーナーのWPGR-100**シリーズ(2011年発売)と、新たなミキシングが施されたヴィーナスのVHGD-**シリーズ。あと、スティーリー・ダンの『aja』と『ガウチョ』は、シングル・レイヤーがあるのを忘れていたので大収穫。ユニバ社のPLATINUM SHM-CD盤より、こちらの方が繊細さに勝る感じがいい。写真は二つ前の項と代り映えなしに見えて、私には大幅にイメチェンできてホクホク。SACDからリッピングできないDSDデータは、ディスク再生のほかは配信をダウンロードするしか手がないので、長い目で見ていくことにした。

                        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2枚組CDに苦戦する | トップ | ふたつ目のCD棚を手なずけた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL