川本ちょっとメモ

★所感は、「手ざわり生活実感的」に目線を低く心がけています。
★自分用メモは、新聞・Webなどのノート書きです。

「ビギン・ザ・ビギン」の思い出とディズニーシー「ステップ・トゥ・シャイン」

2017-07-16 23:33:05 | Weblog


今夜、息子から電話がありました。

わたし 「ユーチューブで見たよ。音楽がええなあ、ジャズやなあ」

息子 「うん、ミッキーがタップダンスするところはビギン・ザ・ビギンゆう曲やねん」

わたし 「おおっ、知ってる知ってる。死んだおばあちゃんがレコード買うてきてなあ。イギリスのテッド・ヒース楽団や。おばあちゃんといっしょによう聴いた」 ……これ、わたし中学生のときのお話です。

ユーチューブで見たのは、ディズニーシーの7月新作「ステップ・トゥ・シャイン」。息子はTDLの社員で、これの制作に関わっています。音楽の編曲や演奏を手がけているのはすべて、それぞれの分野でアメリカを代表するメンバーだと言います。

音楽的な素養ゼロの情けなさ
「ステップ・トゥ・シャイン」の音楽に、ディズニーシーで人気の「ビッグバンド・ビート」の味わいを見つけたところまでは良かった。しかし「ビギン・ザ・ビギン」はイントロのメロディーを口ずさめるほどに知っているのに、ミッキーのタップダンス・シーンで「ビギン・ザ・ビギン」が流れていることに気づかなかった。

もう一度、イヤホンで注意して聴きました。確かに、タップダンス曲は「ビギン・ザ・ビギン」です。スイングジャズはもともと軽快で楽しいのですが、今風にぐんと、アップテンポになっています。そのうえ、ミッキーほかのセリフや動きにマッチングした編曲がされています。

動画を見流して(聞き流して)、ダンスやせりふに気をとられて、タップダンスの曲が耳に入って「ええなあ」と思っていながら、「ビギン・ザ・ビギン」だと、キャッチできていなかった。なんで? そのていどのスイングファンなんだと、自分で情けなく思いました。わたしは音楽的な素養がゼロなんです。

母といっしょに聴いたビッグバンド(LP盤)
母が洋楽好きでした。演歌は聴きも歌いもしなかった。だから、わたしもそのように育ちました。わたしが中学生のころ、母は自分の好きな洋楽のLPを時々買ってきて、応接間でコーヒーを飲みながら、親子で聴きました。あのころは、回転するLP盤を傷つけないようにレコード針をそっと降ろすのも、レコードを聴く味わいのうちでした。

グレンミラーのファンになったのは、母といっしょに聴いたLP盤レコードがきっかけです。グレンミラーだけでなく、母はほかのビッグバンドのLPも買ってきました。映画音楽のLPも買ってきました。いろんなLPの1枚に英国のテッド・ヒース楽団というビッグバンドがあって、「ビギン・ザ・ビギン」はその中に入っていました。なぜだか、はっきりと記憶に残っています。

ラジオ京都と十字屋楽器店
ジャズを聴いていた中学生のころの思い出が広がります。中学生のころに、ラジオ京都で「ジャズ講座」のシリーズがあって、ウェスト・コースト・ジャズという言葉を覚えました。「ジーン・クルーパー」なんていう名前も、知り初めはラジオ京都でした。

京都・三条の十字屋楽器店に行って、映画音楽の楽譜と歌詞を載せている本を買いました。歌詞はすべて外国語でした。ハーモニカとレコードでメロディーを覚えて、辞書を引けばわかる英語の歌を一人で歌いました。サイン風に大きくGene Krupaと文字入れしたドラムセットが、十字屋楽器店のショーウィンドウにあったのを覚えています。

 <クリックしてご覧ください>
 ○ ステラ・ルー登場の「ステップ・トゥ・シャイン」スニーク 
 ○ 英国テッド・ヒース楽団「ビギン・ザ・ビギン」 
 ○ あの感傷的で美しいスタンダードソングたち…「ビギン・ザ・ビギン」


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« <森友学園> 大阪府議会参... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。