サンクチュアリ

美味しい物・綺麗なもの・楽しい事

仲良しkaoとの屋久島探訪 三日目 その1 ( 志戸子ガジュマル園 )

2017-06-30 14:56:34 | 不思議紀行
私たちの「屋久島探訪」の旅、3日目は、午前中に「志戸子ガジュマル園」を見学、お昼前の飛行機で福岡に一っ跳び、夕方(ほとんど夜?)に富士山静岡空港に向けて飛び立ちます。

『 志戸子(しとこ)ガジュマル園

 ガジュマルは屋久島、種子島を北限とするイチジクの仲間(クワ科の植物)で、島内の沿岸部では至る所で見られますが、その中でも志戸子はもっとも規模の大きな密生地です。元々、防風林として守られてきたガジュマルは枝から垂れ下がっている気根と呼ばれる根を持ち、他の植物に着生します。着生された木はガジュマルの気根に締め付けられ、枯れてしまいますが、ガジュマルは気根で自分自身を支え、更に枝の至る所から気根を出して四方八方に生長していきます。

 ガジュマル園には、樹齢200~300年と推定されるガジュマルを中心に、クワズイモをはじめ、ヒトツバ、オオタニワタリなどの林床植物も見ることができます。公園内は遊歩道も整備されています。』(神秘的太古の森 屋久島より)



海の見える静かな場所に広がるガジュマルの密生地「志戸子ガジュマル園」


気根の迫力がすごい!


下の方のぼこぼこしている不思議な木「モクタチバナ」


大きな葉っぱ、白い花が可愛い「アオノクマタケラン」


ビックリするほど大きな葉っぱの「クワズイモ」


今にも歩き出しそう・・・。「アコウ」


この木からルアーを作ったことから名付けられたとか?「ギョボク」


植物同士の戦いは熾烈?


樹齢は200年から300年? 「大ガジュマル」

 以前に歩く植物があるというお話を聞いたことがありますが、ガジュマルのことだったのかな?と思いました。たくさんのガジュマルに出会って、随分前にだんなさんと訪れた沖縄で出会ったガジュマルのことを思い出しました。
迫力のガジュマルは、沖縄のガジュマルを見てね。

「志戸子ガジュマル園」は、目の前が海なのですが、屋久島の海は穏やかで美しかったです。


飛行場は鳥がたくさんいてのんびりムードでした。

 雨が多いと言われる「屋久島」、どこに行っても雨が降る「雨女」の私、雨を覚悟してレインコートや靴ガードなども持って行きましたが、珍しく雨に降られることはありませんでした。


バスガイドさんが作ってくださったこの子のおかげかな?

                                        つづく
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲良しkaoとの屋久島探訪 二... | トップ | のんびり・・・  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不思議紀行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL