サンクチュアリ

美味しい物・綺麗なもの・楽しい事

春彩の南東北紀行 その1 ( 満開の「三春の滝桜」 )

2017-04-21 18:23:36 | 花紀行
 仲良しのIちゃんと旅行社のツアーに参加しました。
新しい年になったばかりの頃、Iちゃんが
「雪のあるところに旅行に出たい。」
と言い出しました。それならといくつか候補を探して、あれやこれや検討したのですが、ちょこっと出かけられなくなって延期になり、ついに春の桜を見に行くツアーを検討する時期に突入してしまいました。
行先は南東北(福島県)、私は、仲良しのkaoと行ったことのある場所も何ヶ所があり、例年なら桜には出遅れ感にあるお日にちなのですが、季節が違うこともあり(前回は秋だった)、女性の旅の楽しみの大部分は「おしゃべり」にあるので、桜の開花情報をチェックしつつ出発の日を楽しみに待ちました。
 東京駅までは、新幹線(乗り物の中で一番好き!)、バスに乗り換えて、首都高、常磐自動車道をひた走り、日本三大桜の一つ「三春の滝桜」のある三春町に着いたのは、お昼過ぎでした。

『 三春の滝桜

 日本三大桜に数えられる滝桜は、大正11年10月12日に、桜の木としては初めて国の天然記念物に指定された名木です。皇居宮殿の正殿松の間を杉戸絵「櫻」(橋本明治画伯)や、赤坂サカス赤坂Bizタワー壁画「四季樹木図」(千住博画伯)が、滝桜をモデルに描かれたことでも知られています。
開花期には四方に伸びた枝から、薄紅色の小さな花を無数に咲かせ、その様はまさに流れ落ちる滝のように見えることから「滝桜」と呼ばれるようになったとも言われています。』(Find!三春ホームページより)

 日本三大桜は、三春の滝桜・根尾谷の薄墨桜(岐阜県本巣市)山高の神代桜(山梨県北杜市)と言われています。(字の色が変わっているところをクリックしてみてね。)
 三大桜を制覇?と思いきや、読んでいただくとわかるように、薄墨桜は全然咲いてなかったので、制覇したとは言い難く、いつか再挑戦するつもりでいます・・・。


久し振りのお天気に車渋滞中! 車窓の春の景色に歓声が上がります。


人も渋滞中?  菜の花の黄色に囲まれて「三春の滝桜」

 この桜は、エドヒガン系ベニシダレザクラで、高さ13.5m、根回り11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東へ11.0m、南へ14.5m、西へ14.0m、 樹齢1000年以上(推定)だそうです。



滝のように枝垂れる桜


横からの「滝桜」も


上段の桜も


上からの「滝桜」も


横からの「滝桜」も

 いつまでもいつまでも眺めていたい、写真にも目にも心にも残したい風景です。
途中で聞こえた地元の方の
「滝桜、満開宣言が出ました!」
の弾むような声に顔を見合わせて喜ぶ私たちでした。


  桜 紹介   三春 滝桜  福島県田村郡三春町大字滝字桜久保

 駐車場有り(無料)

                                        つづく



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春色の野辺を歩く その4 ... | トップ | 春彩の南東北紀行 その2 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL