広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月24日 犬猫の殺処分を禁止する議員連盟 =(^\^)=^(・\・)^

2010-03-25 | 政治
日本では、年間30万頭もの犬・猫等が理不尽に殺処分されております。
動物愛護行政に関しては、決して先進国とは言えないおぞましい状況です。

私も家族の一員である愛犬・愛猫たちの為に、そして日本中の不幸な犬や猫を救い、不幸を繰り返さないよう、殺処分ゼロの社会実現をめざし、犬猫議連に参加させて頂いております。


当議連の会長・城島光力議員、事務局長・生方幸夫副幹事長、そして事務局長の岡本英子議員、犬猫議連に参加している民主党会派の議員のみなさま、そして本日のスペシャルゲスト、女優の杉本彩さん、財団法人どうぶつ基金会長・佐上邦久さんをお迎えして犬猫議連の会議が開かれました。

まず、女優の杉本彩さんから体験談・日本の動物行政に期待することをお話頂きました。テレビで拝見しますのと同じく、とてもスレンダーでエレガントで、色っぽくて、おしゃれで美しい杉本さん。

ペットを飼う人に終生飼育が義務であることを周知徹底しなければならないこと、動物愛護センターには身勝手な理由(ペットが病気になった、年老いた、ほえてうるさい、大きくなって可愛くなくなた等)で、飼っていた犬や猫を粗大ごみを出すかのように捨てに来るモラルのない飼い主が後を絶たないこと、犠牲が生まれる問題の根源は、ペットの陳列販売、すなわち生体の店頭販売であること、生体の店頭販売が動物虐待であると認識しなければならないこと、また保健所や動物愛護センターは、里親探し・譲渡の場であるべきで、ペットを殺す場所であってはならないこと、すべてのペットが幸せに人間と共生する社会を築く為に、2011年の動物愛護管理法の見直しの時期に合わせて動物虐待の基準を明確化する必要があること、マハトマ・ガンジーの言葉『国家の偉大さとモラルの高さはその国の動物に対する扱い方で判断できる』に照らしてみれば、日本は社会的モラルの低い国であることがわかることを、時折声を詰まらせながらお話頂きました。

続いて、公益財団法人どうぶつ基金理事長・佐上邦久さんより『犬や猫の殺処分ゼロへの提言』をお話頂きました。

どうぶつ基金は『5つのゼロ』を掲げて活動されています。

①天下りゼロ
②しがらみや利害関係ゼロ(業界や行政とのしがらみゼロ)
③人件費・役員報酬ゼロ
④交通費ゼロ
⑤殺処分ゼロ

犬や猫の不妊手術の必要性、狂犬病予防接種のリスク、中央環境審議会動物愛護部会のありかた、虐待の具体的な数値化の必要性などについて具体的にお話されました。

わたしは、犬猫が大好きで、家族に愛猫・愛犬がいますので、犬猫の気持ちをリーディングできます。
しかし、世の中には犬や猫が嫌いな方も多数いらっしゃいます。
好きな方も嫌いな方も、動物行政の取り巻く現状を知り、(殺処分に年間57億円の税金が使われています)不幸な犬猫を生まないようにせねばなりません。

私が、政治家として取り組まなければならないミッションのひとつは、『国籍もなく、住民票もなく、言葉も話せず、財布も持たず、食べ物も住む所も、飼い主をも選べない』犬や猫たちに、人と共に生きる幸せをもたらすこと、いのちの尊厳を守ることだと思っています。

社会で一番小さいいのちを全力で守り抜きます!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月24日 いよいよ大詰め!『... | トップ | 3月25日 消費者特別委員会 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうぶつ基金の佐上です (佐上邦久)
2010-03-25 22:55:08
 河上さん
 昨日はありがとうございました。
強い味方がいっぱいできてうれしく思っています。
殺処分ゼロは夢物語ではなくなってきました。
もうちょっと頑張って、殺処分ゼロ達成の日の大パーティーを実現させましょうね。笑
それでは、引き続きよろしくお願いします。

Ps.昨日の講義の様子とテキストをブログで公開しています。
是非、ごらんください。

http://doubutukik.exblog.jp/12366136/
佐上さまへ (河上みつえ)
2010-03-25 23:21:55
昨日は貴重なお話をして頂きまして誠にありがとうございました。新しい気付きと出会いを頂きました。
私のブログをご覧頂いてたのですね!感激です。ありがとうございます。

共に小さい命を守るため、頑張って参りましょう!
今後ともご指導・ご鞭撻の程、どうぞよろしくお願い致します!
河上みつえ様へ (サスケ)
2010-04-10 01:09:49
動物愛護の活動ご苦労様です。
2011年に法改正への見直しがされる事と思いますが、現状でどれぐらいの法改正がなされそうな動きなんですか??
私も殺処分0へ何とかして欲しいと切に考えておりますが、もちろんその為に様々な法改正が必要な事も理解しています。
そういったことも含めて来年の段階でどこまで
動物愛護法改正をしてもらえるのか?

先日の杉本彩さんのブログでの内容は読ませていただきました。

殺処分問題に関しては今回の法改正には難しいのでしょうか?あるいはその土台になりうる法案を作ってもらえるなど・・・

現在私のブログ等で動物愛護法改正を訴える署名活動をしていますが・・・どのくらいそういった
民意を反映してもらえるのでしょうか?

最後になりますが、今後のご活躍をお祈りしています。
どうかお願いします。 (ありさ)
2010-04-15 23:29:06
この国は、動物達を粗末にしすぎです。

人間と同じ大切な大切な命、物ではありません!
動物達は人間に虐待されたり、殺される為に産まれてきたのではありません。

介助犬、盲導犬、弱い心の方々を癒やしてくれる犬や猫…こんなにも人間は動物達の世話になっているのに、機械のように扱い、邪魔になれば殺してしまう。
こんな汚い心の人間ばかりがいては、日本国は発展しないと思います。

まだ、母乳が必要な子達を母親から離し、人目にさらされ安心して眠る事もできず、ろくに栄養もとれてない為に皮膚病をおこしている子達…。
動物達を玩具を買うかのよう、買っていく光景をみていると本当に腹がたってしかたありません!
玩具感覚で飼った人間は必ず、動物達を邪魔にします。吠える、物を壊す、トイレが出来ないなどと理由をつけて…。


動物達の現実は知れば知るほど、目を覆いたくなる現実ばかりです。

どうか、お願いします。もう残酷な動物達を見たくありません。
今の環境を変えて下さい。お願いします。
ペットショップの廃止、ブリーダの免許制、虐待した人間には重罰、里親制度の徹底、アニマルポリスをつくる。

お願いします。日本を変えて下さい。
道路公団が保護する猫 (ワーキングプア)
2010-04-20 21:03:22
首都高速道路内で発見された子猫が通報を受けた道路公団職員によって足立区の加平インター施設の駐車場などで放し飼いにされ続け交通事故で何匹も死んでいます。(公団職員専用入り口付近に捨てられていたり、死んでいたり)また、綾瀬川に落ちて何日も這い上がれないでいたり、子猫が放置されてカラスの餌になったりしているのですが足立区保健所や足立区長、道路公団職員、東京都河川管理に4年まえから何度も交渉しても改善しようとしません、日本は利益を得るだけでなく保護したあと企業として里親が見つかるまで室内で飼うのがとうぜんですし、地元の猫の会を紹介したのに、お互いに連絡をとっているようすもありません。このまあじゃ保護された猫は川や道路で死につづけます。以前、職員にうちの近所で放し飼いにされても困ると言ったら、「今度は川原にでも放してきてもらう」と言ったのでそれじゃあホームレスの人が迷惑だからやめてくれと言っておきましたが…個人ではこれ以上保護しきれません。
私のみた現状 (梅三の母)
2010-09-04 16:53:51
愛犬を捜し4ヵ月が経ちます。保健所で多くの犬達と会い、助けられない苦しみと「処分」という人間の傲慢に向き合ってきました。
世話した犬を最終施設へ見送らなくてはならない保健所担当者は、捜さない飼い主の多さを嘆いていました。
その一方で警察拾得物情報をたどると、保護した人が犬を保健所に送らず世話している件数が多い現実にも驚きました。

しかし警察拾得物情報には「犬・茶」のみ掲載で性別すらわかりません。
電話の問合せには不親切でルーズな会計課担当者も多くいました。
拾得「物」感覚でしかなく「命」という認識に欠けています。
法を運用していく警察や保健所にも問題意識を徹底して欲しいです。
今回インターネットで全国の保健所収容情報がチェックできる事も初めて知りました。
保健所情報が身近にある事を今もしもCMに流せば、多くの犬が生きて帰れるはずです。

私も捜索中に保護した犬が2頭いましたが幸い飼い主に戻すことができました。
受け皿として私達に出来る事は限られています。
殺処分廃止を日々懇願してやみません。
そして店頭販売や虐待、日本を変えていくには法が変わらなくてはならないはずです。
引き続きどうか尽力していただけますようお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事