さいたま市の川合運輸株式会社 社長ブログ

輸送会社の社長ブログです。演奏会の楽器運搬や舞台装置の輸送などで、個人・団体の方々にもお世話になっています。

大晦日

2012-12-31 | 演奏会

今年はたくさん新しいお客様と出会う機会をいただいた年でした。

音楽がその機会になったことも数多く、ワクワクした気持ちで仕事をさせていただけたことがとても嬉しかったです。お世話になった皆様にあらためて御礼申し上げます。

来年もお客様のお役に立てる会社をモットーに努力して参ります。

さて、年末年始はメンバーが交替で出勤して輸送にあたりますが、ことしはめずらしく年をまたいでの運行になりました。変則的な運行に応じての乗務、皆さん大変ご苦労様です。

今日は私はこれからお休みいただいて、年内最後のコンサートへ。

なので今日は少々早めにご挨拶。皆様良いお年を。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンタさん

2012-12-30 | 演奏会

一昨日は年内最後と挨拶した社員の方と、しばし音楽談義。その人は、数年前にラ・フォル・ジュルネの会場で聴いたジプシー楽団の演奏がとても良かったとのことで、今年に公演輸送をさせていただいた楽団のコンサートも是非聴きたかったとのこと。そう、わたしも海辺の庭園の夜のコンサート聴きたかったです。

今年は12月にロシアのモスクワアカデミー合唱団のコンサートで、好きなクリスマスソングをたくさん聴きました。

以来自然に頭の中に繰り返し鳴り出していて、仕事しながらもメロディを口ずさむほどに。そのせいか今日は何と本当にサンタクロースがやってきました。

地下鉄などのグッズのあれこれ。カレンダーに絵葉書、ステッカーなど。黄色の銀座線のクリアファイルを手にとって裏を見たら、さすが東京メトロ。「メトロに乗って~」の武井咲さんが。どちらがメイン?

実はこれ以外にもっと大事な資料が。たくさん勉強させて頂きます。ありがとうございます。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Gマーク認定

2012-12-29 | 輸送

今年の初夏のGマーク申請。無事認定をいただけました。
担当の人に、結果は年末近く、クリスマス頃になりますと言われていましたが、本当にそうでした。

Gマークと安全性優良事業所の認定制度の事です。有効期限があって、更新していく形をとっています。
特に安全性に対する取組の積極性についての評価基準が昨年度から一段と厳しくなっています。

これから認定を維持するように全員で取り組んで参ります。

最近はこのGマークのステッカーも結構一般に広く浸透した感がありますね。

さて、年末近くになって今日は一応年内の最後として掃除日。行きははりきって第九を聴きながら会社へ。掃除は半日の予定が一日がかり。事務所や倉庫の片づけもあったのでだいぶかかりました。その後にミーティングもありましたので結構いい時間に。帰りは少々くたびれてましたが、また第九を聴いてハンドルもつ手も力がこもります。

皆さん大変ご苦労様でした。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブCD

2012-12-28 | 演奏会

エッティンガーさんのサイン会では、CD発売についての簡単なトークが通訳付きであったのですが、トークの冒頭で当人の「デンジャー」という言葉が聴こえました。

CD店で、このようなことを言うのは「危険」なのですが、という前置き。

それは、通常、ライブCDというのは、それなりに数々の修正が施されているものですが、このCDは出来るだけそれをしないで、その時の音そのままで発売したということなのです。

丁度同じ頃に出版された、小澤征爾氏と村上春樹氏の対談の本のなかでも、その事に触れられていました。通常はライブ録音の場合、咳の音などの雑音が入ったりした部分を、練習時の音を使用したりして穴を埋めたりしているという、くだりがありました。

エッティンガーさんによれば、昨年の震災後の被災地で、子供たちに第九の合唱を指導した時に受けた強い感動が、ライブそのままの音にこだわるようになったきっかけだという話でした。

今日も車で改めて聴きましたが、弦の聴こえ方とか、楽器の若干の反響の差などが、確かに普通の録音とは違っています。実際、ホールで聴く音って場所によりますが確かにこんなかんじで聞こえますね。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

専務は金髪がお好き?

2012-12-27 | 演奏会

昨年の12月後半。新宿のタワーレコードで。

エッティンガーさんはイスラエル出身の指揮者。ベルリン国立歌劇場でバレンボイム音楽監督の助手を経て、各地の歌劇場に出演。現在は東京フィルの常任指揮者です。

実はさらに1年前。1昨年の12月のエッティンガーさん指揮の第九をオペラシティで聴きました。

東京オペラシンガーズの合唱もすごい迫力でしたが、丁度、指揮者の真横を上から見下ろす席だったので、力強い指揮の振り下ろしと、要所要所の間の呼吸の音がとても印象的でした。

丁度その時期の他の会場での演奏がCDになったと聞き、さらにサイン会があるというので出かけていった時です。

どうも専務はダン・エッティンガーさんと聞くと様子が変わるのでした。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加