さいたま市の川合運輸株式会社 社長ブログ

輸送会社の社長ブログです。演奏会の楽器運搬や舞台装置の輸送などで、個人・団体の方々にもお世話になっています。

なぜユーディー?

2016-03-14 | トラック

仕事についた頃、私より上の世代の人が、みんな、「ユーディー」(というか、実際には「ユーデー」)と呼んでいるのを少々不思議に思っていました。

聞いても、「前からそう言っている」としか返ってこないような。

私の感覚では、そのまま「日産ディーゼル」とか「ニッサン」と言っていました。「日デ」と呼んでいる人もいましたね。

ただ、トラックには、塗装が古くなっても、ひときわ目立つ赤いマークが、無言でその名前をアッピールしていました。

割合最近に、若い営業マンの人から説明してもらっていて、おそらくは、「そうだったんですか、なるほど」などと応えていたはずですが、頭には入らなかったようです。

当時、クライスラーにも供給した、エンジンの名称「Uniflow Scavenging Diesel Engine」の頭文字から商標になって、その定評のある良いエンジンを載せていますよ、という誇らしいマークだったんですね。

こんどこそ、「なるほど」。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユーはどちらが?

2016-03-13 | トラック

先日おじゃました、UD Experience Center。

専務が、スター・ウォーズみたい、と騒いでいた、コンセプトカー。

もうサイドミラーはありません。

私は、こちらに注目。

皆さんは、どちらに興味がありますか?

さて、ワッペンみたいな、このマーク。印象深いですね。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テストコースで試乗

2016-03-09 | トラック

上尾市にあるトラックメーカーの工場へ。

UDトラックス株式会社上尾工場内の、UD Experience Centerの見学です。

普段はSさんが、毎日のように納入作業でおじゃましている工場を、違った角度から。

そしてテストコースでの試乗会。

はじめて大型トラックを運転しました。最初で最後かも。

最新の大型車はなんとも進んでいますね。

サイドブレーキも、ほとんど指先操作。オートマチックも実にスムーズ。

さすがに、4段階の排気ブレーキには興味津々で。

テストコースとはいっても、直線で60キロ、急カーブは30キロの至って安全運転。

テスト車は自重10トンで、荷台には15トンの重量の荷物が積載してあるので、25トンにもなるのですが、そのような感覚は、なかったのが一番印象深いです。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バースト!

2015-07-24 | トラック

夜中に一報。

高速道路でタイヤがバースト。

幸い、ベテランさんの落ち着いた操作で、事なきに。

なかなか原因まではわからないのです。特に摩耗がひどかったというわけでもなく。

そういえば、以前に一度同じようなことがありましたが、やはりそれも深夜時間帯。

ところで、その時とは、NEXCOの対応が少し変わったのかな。トラックの場合は、どうもタッチしないようなのです。それで、業者さん紹介となるのですが、その過程がどうも、遠回しというか、どうも腑に落ちない。

どういう風に遠回しかというと、大きな病院と葬祭会社との関係みたいな、というと、お分かりになる方がいらっしゃるかも。

いずれにしても、常に危険を意識して対処・・ですね。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

即日修理完了

2015-06-22 | トラック

トラックの修理要請報告。

シャーシーとマフラーをつなげているボルトが折れてしまった。

電気自動車でもないかぎり、マフラーはどんな車にもついてますが、車に関心がなければ、車体から外に突き出ているもの、という感じでしょうか。

車の部品の中でも、エンジンから直接でていて、その振動を吸収しなければならないので、少々ぶらぶらしながら取り付けてあるという、考えてみると変わり種の部位ですね。

がちがちに固定するわけにはいかない場所というわけ。

なので、常時細かい振動を受け続けているわけですが、たまたまこの車体はどうもゆるみやすい部品だったようで、幾度となく締めなおしていたとの事ですが、ついには金属が耐え切れなくなったようですね。

その該当部品のボルトをディーラーで購入して、担当者さんが即日交換。修理完了。

車のどんな部分も、このくらいに、自分たちで直せれば、ずいぶん違うんだけど・・・。

川合運輸株式会社HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加