果樹園の風

愛知県豊橋市で無農薬のレモンを栽培している河合果樹園です。
目指せ!楽しむ農業、楽しませる農業!

培うプライドとメイドイントーカイ

2016年12月31日 14時31分12秒 | 日記
とうとう今年もカウントダウンとなってきた。
昨日、機械や車や倉庫を掃除して何とか仕事納めになったけれど、
あちこちからパスが集まってくる司令塔の私には、
人以外にも果樹園の生きとし生けるものからもきわどいスルーパスが来る。
つまり、一日のうちのいくらかは彼らの監視下に置かれてこそこそと細かな作業をすることになる。
時間とともに成長は進み、少し目を離すと思わぬ方向に行く場合もある。
豊橋駅ビルカルミア店で販売してもらっている露地バージョンのレモネーディア露纏は、
寒さで果皮に障害が出てしまうと味が変わってしまうのだが、
その障害に会う直前が実は一番おいしいというジレンマがある。
ぎりぎりで収穫するため毎日週間予報とにらめっこしながら、左脳と右脳を目いっぱい使う。
うまく収穫できたら、新しい年の新しいチャレンジをして見ようと思う。
今年も温暖化で作る過程は山が高かったが、谷に落ちないでいられるのは、
培ってきたプライドが下支えしてくれているからだ。

持って生まれたプライドだけは、無価値なものとして起こさないように!
年齢と共に、注意しなければいけないことが見えてくる。

昨年の今頃は著書の執筆でかなり憔悴しきっていた。
タイムスケジュールがきっちりしていることは、気圧され感を持ち続けるから。
実は2月に出版されてから一気に体調を崩してしまい、
半年ほどどうも体がふわふわしてベストコンディションとは程遠い環境下で苦戦した。
一種の燃え尽き症候群だったのかもしれないと考えながら、
戦場の最前線で戦えるだけのコンディションのありがたさが身に染みる。
立ち直ったころ、「虫たちと作った世界に一つだけのレモン」つながりで、
大和書店株式会社さんで当園の初恋レモン・レモネード2種類を販売してくださることに。
メイドイントーカイ、つまり東海4県を中心に日本の土産物をそろえるショップで、
世界に誇れるものを紹介していくというコンセプト。
EXPASA御在所の上りで販売されていますので、

東名阪自動車道をご利用の方は休憩の際に覗いてみてください。
そして香料のさっぱりしたテイストではなく、
皮ごと絞ったレモン本来のイタリア標準テイストをご堪能ください。
ちょっぴり癖があるかもしれませんが、日本人の多くが知らない小さな本物の世界が存在します。

河合果樹園 http://kawaikajuen.jp/




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 収穫終了と酩酊の学習 | トップ | 謹賀新年とべっぴんと優勝の条件 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事