生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

リリ姫 夏の装い

2017-06-14 22:21:03 | ワンコ

 我が家にはロングコート(長毛種)チワワのリリ姫がいます。ではありますが、リリ姫の養育方針に関しては私と家族との間で意見の相違がかなり見られます。私がリリ姫にお召し物を着せると、家族は窮屈そうだと言って直ぐに脱がせます。夏の暑い時期は被毛をトリミングして涼しくしてあげようと提案しても、自然のママが一番と反対されます。

 リリ姫が我が家にやってきた昨年は、家族の主張を優先してサマーカットは行いませんでした。が、今年は私の番だとばかりに、足裏の毛が伸びすぎているのをトリミングするついでに、お尻まわりをカットし、次の日に腰までトリミングし、今日は肩の下まで3段階でトリミングしてみました。我が家のリリ姫は、白の地に薄茶の大きな斑点がホルスタイン種の牛の様に点在しています。トリミングしてみると薄茶の斑点の色がより薄くなるように見えます。

 チワワの場合、生まれたばかりの幼犬を短くトリミングすると、毛の質が変わってしまうという話もあるようです。それも気になって昨年はトリミングを見合わせましたが、犬の1歳は人間にすると20歳とは言わないまでも18歳ぐらいにはあたるので、ペット用電動バリカンの一番長い毛足アダプターをつけてトリミングしてみました。肩下からの下半身はシルエットがぐっと締まってスレンダー、下半身との対比で飾り毛が豊富な方から上はグラマラス。女っぷりが数段上がりましたね。何よりリリ姫自身が、日本の夏の暑さを少しでも緩和するためのことだと理解してくれるかどうかはわかりませんが、これからの季節を少しでも快適に過ごしてもらえれば、それだけで飼い主としての責任を果たせると思う次第です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私だってJASRACの主張を支持... | トップ | 吉松隆の 「調性で読み解く... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。