生涯を完結させるまでに歌いたい歌、アラシックススで始めたヴァイオリンがどこまで弾けるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

驚きました。 ボブ・ディランがノーベル文学賞受賞とは!!!

2016-10-13 22:52:52 | 思うこと

 村上春樹氏の作品もそれなりに好きで読み込んだこともあるので、今年こそは受賞しても良いだろうにとも思っていました。が、今年のノーベル文学賞は何と、シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏とは。

 昔からボブ・ディラン氏の作品は好きでした。と言っても思い浮かぶのは殆どのニュースでのBGMに流れていた「風に吹かれて」だけですが。ノーベル文学賞の受賞対象として考慮されたのも「風に吹かれて」に代表される、ボブ・ディラン氏の音楽活動の前半であるところのフォークソングのソングライターとしての活動についてと思われます。ニュースの多くではフォークソングのシンガー・ソングライターとして紹介されていましたが、1960年代半ばからエレキギターを用いたロックミュージックに転向しました。ボブ・ディランとは二世代以上年代が異なっているのでリアルタイムではありませんが、私自身はフォークソング時代のボブ・ディランしか殆ど認識しておらず、ロックンローラーとしてのボブ・ディラン氏の功績は殆ど知りません。当時、フォークソングのシンガー・ソングライターとしてのボブ・ディラン氏を支持していた多くのファンは、ロックンローラーに転向したボブ・ディラン氏の姿勢に対してあからさまに拒否反応を示し、社会問題化した時期もあったはずです。

 また、ボブ・ディラン氏の代表曲として紹介されている「風に吹かれて」ですが、作詞作曲したのはボブ・ディラン氏ですが、歌ってヒットしたのはピーター・ポール&マリー(いわゆるPPM)だったと思います。少なくとも私が初めて「風に吹かれて」を聞いたのはボブ・ディラン氏による歌ではなく、PPMによるものでした。

 決してボブ・ディラン氏の功績にケチを付けるつもりはありません。むしろボブ・ディラン氏のノーベル文学賞受賞については、驚くとともに心からの賛辞を惜しみません。ノーベル賞選考委員会も良い意味で時代に合わせて変わって来ていると歓迎しています。ということは何れビートルズで存命しているポール・マッカートニー氏等にもノーベル文学賞受賞のチャンスがあり得るのでしょうか? ボブ・ディラン氏に匹敵するシンガー・ソングライターとしては誰がいるんでしょうね。ジョーン・バエズ女史?ジョルジュ・ムスタキ氏?ジョン・デンバー氏?おっとジョン・デンバー氏とジョルジュ・ムスタキ氏はもう亡くなっていますね。存命中でないとノーベル賞は受賞できないので(過去、受賞発表から授賞式の間に死亡したためにもらえなかった受賞予定者もいたとか)、クラシック音楽界からノーベル賞受賞者が出ることは殆ど考えられないでしょうね。仮に作曲家の存命中にノーベル文学賞が存在したと仮定した場合に、受賞の可能性最も高いのはワーグナーでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨハン・セバスチャン・バッ... | トップ | ヴァイオリン教則本 やはり... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。