生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

 毎年大晦日に思うこと

2016-12-31 20:13:53 | 思うこと

 ここ数年というよりもここ十数年と言いましょうか、大晦日となると家族と揉めることになります。はい、ずばり「紅白歌合戦」を見るか見ないかです。これだけ個人の趣味・嗜好が多様化した現在において、日本国民の大半が喜んで見るような番組を作ることは至難の業で有り、昭和の時代の様な視聴率がとれないことは誰の目にも明らかだと思っています。にもかかわらずNHKはいまだに取れない視聴率を取るべく大変な人・モノ・金の浪費を繰り返しているようで、視聴料を払いたくない最大の理由です。

 間にニュースを挟んで前半と後半という構成にしているようですが、思い切って2部構成とか3部構成、4部構成にしたらどうかと思います。例えば大晦日の夕方は日本の伝統芸能の紅白なり東西なりの合戦にして、第2部は日本のクラシック音楽の部として、様々なコンクールの入賞者や今年のクラシック界で活躍した演奏者を、やはり紅白(男女)でも良いし東西に分けてもよし、歌(声楽)に限らず器楽演奏者も加えて合戦とします。夜の前半は年配者向けの演歌等をメインとした紅白歌合戦として、夜の後半は若い人向けのJ-Popを中心としての紅白歌合戦とする。そのような多部構成とすることで自分の興味のある部だけを視聴する。この方がよっぽど合理的と思うのですが。なぜNHKが老若男女、ポピュラーファンもクラシックファンも民謡ファンも、十把一絡げにし続けなければならないのか全く理解できません。4時間近い番組で数十人(組)が歌う中に一人二人クラシック系と言える人がいたからと言って、紅白を見たいと思うクラシックファンは多いとは思えません。

 ということでここ数年来、我が家では大晦日の夜となると「紅白」を見たい家人は「紅白」を、バラエティー番組を見たい家人はバラエティーを、そして私はNHK教育の第九とその後のクラシック音楽プログラム、午後11:30からは東急ジルベスターコンサートと、「紅白」のおかげで一家断絶の時間となっています。

 オペラだってエンターテイメントであるし、オペラの中でも群舞があることもあるので、「紅白」の舞台だって参考になることはあると思います。そう思って何年か毎にたまには「紅白」を見ようかと思うこともあり、今年もそう思う年であったのですがどうにも「紅白」がもっている妙なテンションの高さが気疲れするような気がして、TV音声が聴けるラジオにヘッドフォンを繋いで第九を聴いています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォーレ 捨てられた花 作... | トップ | ボロディン オペラ「イーゴ... »

コメントを投稿

思うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。