生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

フランス歌曲を歌うために試してみたこと

2016-09-15 22:49:53 | より良く歌うために

 昨日の記事をアップした後で思い出しました。

 フランス歌曲を自分でも歌いたいと思ったのは、たまたま聞きにいった知り合いのピアニストのジョイントコンサートで、初めて聞くソプラノさんが歌ったレイナルド・アーンの「クロリスに」を聞いたことがきっかけです。帰宅後速攻でペトルッチ(IMSLP)のサイトで楽譜をゲットして、当時師事していた先生にこの歌を歌いたいですとお願いしたのですが、私はフランス語はわからないからと却下されてしまいました。それでも歌いたくてネットでフランス歌曲も教えてくれる声楽教師を探していたら、何と自宅の傍にフランスに5年ほど留学されていた先生がいらっしゃるのを見つけて、早速連絡を取ったという次第です。

 最初の練習の時に「クロリスに」の楽譜を持参し、それまでにも音源を繰り返し聞いたりしていたので何となく発音は判った気になってもいましたが、ウォーミングアップを兼ねた発声が終わった後で、「クロリスに」を歌う前に歌詞のディクションをして頂きました。その時はカタカナでフランス語の歌詞に読みがなを書き込みましたが、どうしてもカタカナでフランス語の読みをふるのには無理があるということを、その時に思い知りました。

 イタリア語はほぼローマ字読みでOKですし、ドイツ語もドイツ語独自の読み方を覚えてしまえば単語毎に綴りと違う発音をするということはありません。実はフランス語も英語ほどには単語毎に発音が変わることは無いのですが、単語の末尾の文字は殆ど発音しないこと、連続する単語の後ろの単語の先頭が母音だとその前の単語の最後尾の子音を発音すること、更にその子音が後の単語の発音の頭に移動する等の、日本人には馴染みの無いお約束と、そもそも日本語(他の言語にも)ない鼻母音があることなど、で頭がパニックになってしまい、最も学校で習っている英語読みをついついしてしまいがちです。

 このブログで何度も書いてきていますが、歌の場合音程は覚えやすいですが歌詞がなかなか覚えられません。そこで歌詞だけをワープロソフトで書きます。書きますというよりも実際にはネット上に存在している歌詞をカットアンドペーストします。そこでフランス語の歌詞の場合、単語の末尾の発音しない文字だけ、フォントの色を黒からグレーに変換します。一曲の歌詞をA4版いっぱいにちょうど収まる様にフォントを拡大して、単語の末尾の発音しない文字の色を薄くしていきます。この操作をするだけである程度発音するかしないかが、頭に入ります。これを印刷した紙片を持ち歩いて音源を聞きながら確認することで、エリジオン・リエゾンが頭に入ってきます。ある程度頭に入った後は、発音しない文字を淡色にしたバージョンを一括して全て黒に戻して印刷しなおしたものを用いるようにしていました。

 ”習うより慣れろ”というのは普遍的な真実だと思いますが、フランス語の発音こそ正にこの言葉通りです。最近では単語の末尾の文字の色を変えなくても、ほぼ雰囲気で発音するかしないかが解ります。私が愛用しているフランス語の歌詞から発音記号を返してくれる「pronunciation.com」のサービスでも単語の末尾を発音するかしないかについては、結構誤変換があります。ということで、”雰囲気で何となく判る”ということが実に重要だと思う次第です。広く浅く何となく歌うよりは、少数に絞ったお気に入りの曲を徹底的に歌いこむ方が、この”雰囲気で何となく判る”段階に早く到達するように思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌詞の覚え方が変わって来た... | トップ | 睡眠導入剤の使いこなしはな... »

コメントを投稿

より良く歌うために」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。