生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

JASRACがBGMでの著作権徴収で初の提訴

2017-07-11 22:21:02 | 思うこと

 ネット上のニュースサイトを見ていたら、”JASRACがBGMでの著作権徴収で初の提訴”との記事を見つけました。BGMでの著作権については正当な対価を支払うべきで、この点では私はJASRACの立場を指示します、と言おうと思っていたら、事はそう単純ではなさそうですね。今回JASRACから提訴された北海道の理容店と香川県の飲食店(のどちらか一方?)は、2015年に民事調停を起こしたものの不調に終わったとのこと。それ以来はラジオ番組等をBGMに流して、JASRACが管理する著作権が生きている楽曲については流さない様に気を付けていたとのこと。

 そうするとJASRACとしては請求権がないものに対してまで請求を申し立てていて、さらに侵害の事実が存在することはJASRAC側が証明する必要があると思われますが、そうすると明らかにJASRAC側の勇み足と思われるのですが、どうなっているのでしょう。裁判所に出訴した上で裁判所手動での和解で、過去分の未だ時効消滅していない分だけでも著作権料を徴収したいということでしょうか???

 どう見ても裁判費用の方が掛かる様に思いますが、象徴的な事例としてBGM利用での著作権についても今後きっちりと料金を徴収していくという決意表明の積りなのでしょうか? そうであれば、公正取引委員会が指摘した他の団体・企業が著作権管理ビジネスに参入しようと企図した場合に、現在のJASRACのビジネスモデルでは新規参入者を排除する構図が出来ているという批判に対して、それをどの様に解消しようとしているのか、その説明をすることがJASRACに求められていると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷いつつもフルート選び | トップ | 日本人声楽家の歌う日本語の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。