生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

楽器の値段は何に対する対価なのか? 良い音色で演奏するために必要なことは?

2017-05-18 23:24:13 | 器楽・楽器

 TVの番組などで時々数億円のストラディバリウスと数万円の入門器の音色とを引き比べて、どちらがストラディバリウスかを当てさせる企画がありますよね。私自身これまで数回この様な企画を見てきたことがありますが、全て正解率はほぼ50%でした。しかも回答者がその楽器のプロの奏者であったとしても、素人と同じようにほぼ50%という結果です。

 この事実は数学的と言うか統計学的には、楽器の音色はその楽器の値段には寄らないという真理を証明していると私は理解しています。しかし(おそらく)ストラディバリウスを演奏するヴァイオリニストにとっては数億円を支払う価値はあるのだろうと思っています。と言っても現在世界中に存在しているストラディバリウス等のオールド楽器は、人類の資産として公的機関が所有して演奏者に貸し出しているものも多いそうです。無論個人で所有している楽器もあるでしょう。

 自分自身でヴァイオリンを弾いてみるまでは全く予想できないことでした。他の多くの楽器と違ってフレットを持たないヴァイオリン属の弦楽器は自分で音程を作らなければならないので、音感が悪い人間が弾けば音階自体が不安定になると思っていました。それはその通りなのですが、私の様に絶対音感を持っていない人間でも注意深く聞いていると、楽器が音程を教えてくれることがあります。と言うのは一番低いG線で開放の2度上のAを弾くとわずかではありますがオクターブ上の開放のA線が共鳴して鳴ってくれます。D線で4度上のGを弾くとオクターブ下の開放のG線が鳴ってくれます。例えばですが、この様なことが高額な楽器ほど著しくて弾き易いということがあるのでしょうか? この程度のことは楽器の値段に限らずきちんと調整してあれば当たり前のことなのでしょうか? 私が有するヴァイオリンは当然入門者様なので低額の楽器でも調整さえきちんとされていれば楽器が音程を教えてくれるということはあると思います。

 ということで、楽器の音色を決めるのは楽器の値段よりも演奏者の技量によるところがはるかに大きい、というのが今現在の私の認識です。が、同じ楽器でも良い音を出すために比較的安い費用で出来ることはないか?ということです。ヴァイオリン等の擦弦楽器であれば、楽器の次に大切なのが弓と言われていますね。私もヴァイオリン本体の値段の割には良い弓を使っていると自分では思っています。良い弓は軽くバランスが良く弾き易いと思います。しかし必ずしも音色には関係ない様にも思います。直接音色に関係するとすれば、弓に張る弓毛の選択がありますね。モンゴルだったかアジア大陸中部辺りの馬の毛が良いそうです。更に、そんなことをしているのかどうか知りませんが、馬の毛一本一本を吟味して状態の良い毛だけを選別したら良い音色になるのでしょうか?原材料代よりも手間賃の方がはるかに高くなる気もします。

 擦弦楽器であれば弓毛につける松脂の品質は間違いなく音色に影響しそうですね。これまた自分でヴァイオリンを弾くまでは知らなかったことですが、ヴァイオリン用とチェロ用、コントラバス用は特性の違いからそれぞれ専用のものが販売されています。ヴィオラについてはヴァイオリンと共用と謳っているものもあればヴィオラ専用のものもあります。更に使用環境の温度別に応じて夏用と冬用とそれぞれ分けて販売されているものもあります。

 もう一つ大きな要素は当然のことながら弦ですね。弦についてはまだ私自身の感想を述べるほど使っていないので、いずれ何か言えるようになった時に紹介します。その他駒だってかなり影響しそうです。魂柱の位置の僅かな違いだけで音色が変わると言われていることから考えても、駒自体、あるいは駒の位置も重要ですね。ちなみに駒はヴァイオリンメーカーが作っているのではなく駒専門のメーカーが作っているそうです。また駒の位置については両側のfホールの横棒の位置に合わせることが基本だそうです。その他、テールピースに顎当て、糸巻き(ペグ)の素材や位置も響きに影響するそうです。更には演奏者が自分の楽器を弾き(鳴らし)込むことによっても楽器の音色・鳴りが変わって行くことも楽器演奏者であれば知っていますよね。

 これら様々な要因が複雑に絡み合ってその瞬間の楽器の音色が作られるとなると、何を気にして演奏すれば良いのかもわからなくなりそうです。自分自身が出したい理想の音色のイメージを明確に持つことが、楽器演奏を上達する上で決定的に重要と思う次第です。そこまでは行っていませんが、ヴァイオリンについては自分自身で弾いていて良い音だと思うことが多々あります。一方でフルートを吹いていて良い音色だと思うことは殆どありません。と言うよりもまだ私自身が出したいフルートの音色のイメージが出来ていないというのが正直なところですね。好きなフルーティストはペーター・ルーカス・グラーフなのですが、グラーフと同じ音色を出したいと思っているわけでもなく、フルートの良い音ってどんな音なのでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JASRACは好きではありません... | トップ | 権利は何のために存在するの... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。