生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

弦楽器の分数楽器

2017-06-16 22:37:09 | 器楽・楽器

 ヴァイオリンとチェロには分数楽器というものが存在します。これは楽器の大きさを指しています。二分の一とか四分の三等の大きさの分数楽器が存在します。体(腕や指)の小さい子供が練習するための小さい楽器ということですね。ところがヴァイオリンとチェロの間に位置するヴィオラには分数楽器は存在しません。ヴィオラの場合は大人であっても大きめの楽器を選んだり小さめの楽器を選んだりと言うことでボディサイズをインチ表記で表しています。確認してはいませんが弦バス=コントラバスもボディサイズにバリエーションがあるようで、日本人の弦バス奏者は小ぶりなサイズを選んでいるという話を聞いたような聞かないような。

 弦バス=コントラバスはボディの肩の部分がなで肩で、正確にはヴィオール属で調弦も4度音程となっています。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロはボディの肩の部分はいかり肩で、こちらがヴァイオリン属で調弦は5度音程となっています。弦バス=コントラバスの調弦をとなりあう弦同士の音程を5度となるようにとると、余りにポジションの間隔が広くなりすぎて普通の人間には弾けない、ということがあるそうです。

 ヴァイオリンは16世紀から17世紀頃に殆ど完成された形で登場した、とも言われていますが、ヴィオール属であるヴィオラ・ダ・ガンバ等の楽器から進歩したと考えられるのではないでしょうか。ヴァイオリンという名前自体が「小さい」を意味する接尾語をヴィオラの後ろに付けたことに由来するそうです。初めにヴィオラありきということですが、その割にはヴィオラの楽器サイズにはバリエーションがあるのに、ヴァイオリンとチェロのフルサイズの楽器はサイズが決まっていて、子供用には分数楽器が存在するというのは面白いですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉松隆の 「調性で読み解く... | トップ | 吉松隆の 「調性で読み解く... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。