生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

猫の首に鈴をつける??? 犬の首に鈴をつける???

2017-05-16 23:20:25 | ワンコ

 ネット上で先日見かけた情報ですが、良く猫の首輪に鈴を付けますよね。猫は忍者の様に音を立てずに歩き回るので誤って踏んづけたりドアに挟んだりしないため、という意味があると思います。ところが、もともと猫は単独行動で獲物に忍び寄る本能を備えているため、自身が動くたびに音が発生することは本人ならぬ本猫にとってはストレスなのだそうです。

 我が家のロングコートチワワのリリ姫も大方の猫と同じぐらいの大きさしかなく、ダイニングテーブルの下をウロチョロしている時など気づかずに蹴とばすこともあるため、首輪に鈴を付けています。犬は猫と違って群れで獲物を追い立てる本能があるため、仲間同士でのコミュニケーションのためか、あるいは獲物を威嚇するためか、ワンワン吠えながら追いかけますよね。従って自身の動きに伴って音がすることは特段ストレスにはならないようです。首輪に鈴を付けた直後から特段嫌がる様子もありませんでしたし、今やブラッシングやシャンプー等で首輪を外すと、その首輪は自分のものだと所有権を主張するかのように首輪を自分で咥えようとします。

 胆嚢炎で入院中の家族は、ほしのゆみ女史の漫画「チワワが家にやってきた」全3巻を一日で読了したと言っていました。ほしの家のチワワは”マル”という若様だそうですが、我が家のリリ姫とは殆ど類似する性格はなさそうです。リリ姫は好物はありますが、好き嫌いはありません(お腹がすけば何でも食べる)。シャンプーは嫌がらないけれど散歩は特別好きという訳でもなく、トイレは家の中のトレイにするようにしつけています。

 そういえば、ネット上の別の情報では噛みつき易い犬種の1位はダックスフントで、2位はチワワと言う話もありました。ドーベルマンやシェパード等の大型犬の方が噛みつき易いイメージがありますが、ベストテンの殆どは小型犬でしたね。小さいから可愛いくて、まさか噛みつかないだろうと手を出して噛みつかれることが多いのでしょうか。幸か不幸か噛まれた人間が大怪我をしたり失命したりすることがほとんどないのでしょう。それに比べると中・大型犬に噛まれる頻度は少ないのでしょうが一旦かまれると大人の男性の骨でも嚙み砕く力はあるそうで、最近でもゴールデンレトリーバーが赤ちゃんを噛み殺したり、秋田犬が高齢者を噛み殺したり等のニュースを聞きますね。怪我をしたり失命した人間にとっても不幸なことですが、おそらくは恐怖心から噛みついてしまった犬にとっても不幸なことです。

 自分の飼い犬以外の犬に近づく時は正面から近づかず、また犬の目を見つめないこと。撫でる時は犬が嫌がっていないか表情を見ながらお尻の方から背中を遡るように撫でて、嫌がっていなければ頭の上ではなく顎の下を撫でてあげると喜んでくれると言われています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珍しい楽器とネット流通状況 | トップ | JASRACは好きではありません... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。