生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

日本人声楽家の歌う日本語の歌の日本語の発音は変?

2017-07-12 22:26:50 | より良く歌うために

 日本人声楽家の歌う日本語の歌の日本語は、日頃日本人が話す普通の日本語とは違って変に聞こえる、だから(日本人)声楽家の歌う日本語の歌は好きになれない、という人、少なからずいる様に思います。何故かというと、日常的に話される日本語と言うものは殆ど口腔の前半分ぐらいだけを使って、息もほとんど腹圧をかけない浅い発音で行われているからですね。世界中にどれだけの言語があるのかは知りませんが、日本語ほど口腔の奥を使わずに、また息の腹圧もかけずに話す言語は少ないと思います。日本人が英語の発音を苦手にしているというのも、実は英語を話すには結構な息の腹圧が必要ですが、殆どの日本人は英語を話す時も日本語を話す時と同じ程度しか腹圧をかけないので、ネイティブの様に英語が話せないと指摘する言語学者もいます。また、訪日観光客の大多数を占める中国人は話し声がでかいと批判されることがあるようですが、中国語も日本語に比べればはるかに息の腹圧を使って話す言語のため、小さく話すのが難しい、という側面もあります。

 さて、声楽に話を戻します。声楽を学ぶものにとっては、日本人に限らず、ドイツ人でもフランス人でもロシア人でも、必ずイタリア歌曲から学ぶと私は思っています。それは、声楽の基礎を身に着けるにはイタリア語、イタリア語の発音、イタリア語の歌曲やアリアこそがぴったりだからです。このことは例えばロシア人のプロの声楽家も、声楽家にとってはイタリア語は第二の母国語と言っていることからもわかります。例えば巻き舌の”r”ですが、イタリア語の巻き舌に比べるとフランス語の巻き舌は口腔のはるかに後ろの部分を使います。

 なぜこの話題を取り上げたかと言うと、6日前に紹介した片岡啓子女史のCD「愛のカンツォーネ」を聴いているからですね。全14曲収録されている中で、何曲は歌いだしは日本語で、途中からイタリア語で歌っている曲があります。「マンマ」、「ラ・ノビア」等々。日本人声楽家の歌う日本語の歌が不自然に聞こえるというのは、イタリア語にとって最適な口腔の状態のままで日本語を唄うからですね。その点、片岡女史の歌唱では、日本語で歌う場合はイタリア語にとって最適な状態よりも若干口腔を狭くすることで自然な日本語の発声を担保しています。なので聞いていて不自然な感じはありません。ところがイタリア語の歌唱に変わった瞬間に、口腔が1割程度広がるのが判ります。その結果音量も上がりますし、共鳴もより豊かになります。日本語で歌っていた時は口腔の前の方が横に広がっていたのが、イタリア語に代わると口腔の上下と奥行きが広がり、前の方の横に広がっていたところが狭くなるのが感じられます。

 日本歌曲を唄おうとする声楽愛好家の人にとって、一つのヒントがここにあると思います。何が何でもイタリア語の発声で最適の口腔の状態をキープして日本語の歌を唄おうとすると、聞き手にとって不自然な日本語に聞こえる可能性があるということです。上下は奥行きは1割から2割程度狭くして、口腔の前の方を少し横に開くことで、声楽的な豊かな共鳴を伴う発音・発声を担保しつつ、日本語としての不自然さを払しょくすることが出来る様に思います。ともあれ、自分の耳だけで確認することは出来ないので、必ず録音して自分の耳で確認して、声楽的に充実した発声かつ日本語としての不自然さをミニマムにした発声を身に着けて頂ければ幸いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JASRACがBGMでの著作権徴収で... | トップ | CD紹介 片岡啓子女史 「愛... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。