生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

ムラマツ横浜店でツバサリッププレートを試奏させてもらいました。

2017-07-29 22:08:51 | 器楽・楽器

 ムラマツ横浜店で試奏させてもらいました。ムラマツのWebsiteを見ていて「ツバサリッププレート」というものが存在していることをしり、それがどのようなものかネット上で情報を集め、これは絶対に試奏させてもらおうと思っていました。頭部管のリッププレートの歌口の左右に、厚み僅か0.2~0.3㎜位のほんのわずかの凸部が設けられています。

 説明していただいたスタッフの方によると、「ツバサリッププレート」の効果は感じられる人と感じられない人に二分されるのだそうです。私は吹いた瞬間に効果が感じられました。ただ、効果の程度としてはあった方が安心できるような感じではあるが、「ツバサプレート」がないからと言って吹くのが怖くなるほどのものでもない、というところです。山奥の林道などで片側が崖になっている道を車で走る時に、ガードレールがある方が安心感はありますよね。と言ってガードレールが無くてもほとんど同じように走れる程度の道ということです。ムラマツフルートを新規に注文するときはオプション扱いでDSやSRモデルでは+20,000円ぐらいで購入できます。頭部管だけでも購入できるようですがその場合は100,000円程度になるので、ムラマツフルートの購入を検討されている方は、ムラマツの店頭で試奏させてもらって注文時にオプションで指定するのが良いですね。

 私が試奏した限りでは、音色にはほとんど影響は無い様で、吹奏感の安定感が増すという様なイメージです。ミスブローし難くなるということですね。ただムラマツのスタッフの方によれば、試奏者が「ツバサプレート」と「ノーマルプレート」とをとっかえひっかえ試奏している時に、試奏者がどちらの頭部管をつけているかわからない状態で音だけを聞いていても、明らかに音が違う試奏者と、全く変わらない試奏者に分かれるのだそうです。ただ音色の変化で判るのか吹奏感の安定感で判るのかまでは確認しませんでした。吹奏感だけでなく、音色が変わっても何ら不思議はないと思います。

 メーカーとして決して安くはないオプションに関して、万人に効果がある訳ではなく、はっきりと効果が認識できる演奏者とほとんど効果が確認できない演奏者に分かれるということは、演奏者のアンブシャーとか、息を吹き込む角度とか、演奏者の演奏技術や個性に依存するということですよね。そうすると更に一歩踏み込んで演奏者の演奏技術や口の周りの形状などに合わせてツバサリッププレートの形状や大きさ、厚みなどをカスタマイズすると、更に多くの演奏者に有効な「アドヴァンスドツバサプレート」等と言うものが提案される可能性もある様に思います。如何でしょうかムラマツ様、是非是非合理的なコストで実現して頂けないでしょうか???

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リコーダーからの発音に関す... | トップ | ムラマツ横浜店でDSヘビー管... »

コメントを投稿

器楽・楽器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。