生涯を完結させるまでに歌いたい歌、最近始めたヴァイオリンとフルートはどこまで演奏できるようになるか、と時々ワンコ

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。(ルターの言葉)
声楽とヴァイオリン、クラシック音楽、時々ワンコの話。

ミヤザワフルート Low-H延長管「B-Tube」

2017-07-23 22:32:53 | 器楽・楽器

 昨日、フルートに後から装着する「フルートドライブ」とか「フルートスピード」と言うアイテムがあることを書きました。この手のものはオーディオにも様々あって、科学的な裏付けがありそうなものからかなり眉唾だと思わざるを得ないものまで玉石混交と言うのが実態だと思います。と言うことで、「フルートドライブ」と「フルートスピード」につては、効果は期待できないとも言い切れないし、効果を期待して実際に購入しようとも思いきれません。

 そんなところですが、もう一つ似たようなものと言えば似ていますが、こちらは明らかに効果が期待できるものとして紹介するのが宮沢フルーt純正のLow-H延長管「B-Tube]です。価格は「フルートドライブ」や「フルートスピード」の3倍ぐらいしますが、こちらは間違いなく効果があると期待しています。というのは、こちらの「B-Tube」はC足部管の開口部にはめ込んで最低音をCからHに半音下げようと言うものです。「B-Tube」にはトーンホールもキィも設けられておらず単なるパイプのため、C足部間に「B-Tube]を嵌めると、最低音域はD→Des=Cisと下がってきてDes=Cisの次はCを経由しないでHに飛んでしまうことになります。

 ミヤザワフルートとしては、C足部管の楽器を持っている演奏家から、最低音を「H」まで拡張したいとか、C足部管の楽器に比べて好悪に記での音程が正確なH足部管の楽器に近づけたいという要望に、H足部管を購入するよりもはるかに安価に対応する手段として、単純に半音低い音程が出る様に足部管の長さを延長するパイプを売り出した、ということだと思います。H足部管ではないので「B-Tube」を装着すると最低音の「C」が出なくなるという大きなデメリットはあるものの、フルートの曲で最低音「C」が出てくる曲は多くはないし、少し長めの休符があれば簡単に着脱できると、ミヤザワのウェブサイトにも記載されています。

 この思い切りの良さがうれしいですよね。本当に効果があるかどうかのうさん臭さは全く感じられません。デメリットもあるけれどそれよりもメリットが大きいと思われた方はどうぞ買ってくださいという姿勢、好きです。私のフルートがミヤザワ製であればすぐにも購入したいのですが、ミヤザワのフルートは持っていないので、現在のところは様子見です。池袋にあるミヤザワのサービスセンターに行く機会があれば、自分の楽器を持参して私のフルートにも「B-Tube」が問題なく装着できるかどうか確認して、合えば購入したいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルートの音色 「フルート... | トップ | 背中クールタイ »

コメントを投稿

器楽・楽器」カテゴリの最新記事