犬とおさんぽ

犬のしつけや飼い方など、様々な犬に関する情報を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛いぬをしつけたければ…。

2017-04-05 13:00:01 | 日記

愛いぬをしつけたければ、吠えるそして噛む行動は、どんな理由でそのように吠えたり、噛むかを考えたうえで、「吠えるのは良くない」「噛むことは悪いこと」としつけをすることが必要でしょう。
一般社会でチワワが調和ある生活を送るとしたら、きちんと社会のルールを身に付けないとならないのです。その社会性は、子いぬのうちからしつけを心がけないといけないのではないかと思います。
お子さんをしつけるときは「これでは自分勝手に育つ・・・」「物事の善悪を覚えさせなくちゃ」と願って、しっかりと行動を起こしませんか?吠えるのが日常のいぬのしつけも一緒です。
いぬによっては、噛むのをしつけたくても、噛まれたら困る、ということだってあるだろうと思います。それに激怒したり驚いたりして、飼いいぬを叩いてしまった経験などもある人がいるのではないでしょうか。
全般的に大きくなれば、ポメラニアンは分別が出てくるものの、しつけが不十分だと、成長過程で自分勝手な性格になる危険性もあると思います。

乳歯から永久歯になる頃、しつけをして、噛む加減を習うと、それからはそのことを既に知っているので、本気で噛みつくことをほとんどしないようになると思います。
いぬの中には、欲求などを満たしているようであってもわがままだったり主人の注目を得たいばかりに、無駄吠えをせずにはいられないいぬがいることも真実みたいです。
リーダーウォークとは、いぬの散歩に関わるしつけの仕方ではなくて、みなさんと愛いぬたちの主従の関係を築くための試練でしょうね。よって、気を急いでは駄目だと思います。
子いぬでいる頃がしつけをするのに最適な年齢だろうと思います。人がそうであるように、既に歳をとって成長期を終えたいぬよりも、子どものいぬがしつけやすいのは、普通だと考えます。
おトイレのしつけは新しくいぬを迎え入れる日から即刻始めることが大切です。ですから、今これからでもトイレのしつけ練習の下準備をしてみてください。

基本的に、しつけをしておくことは必要だと思ってください。当然、しつけをすると、中でもラブラドールは扱いやすい性質のいぬに育つでしょう。
みなさんは、散歩中の拾い食いをすることでペットの生命が脅かされることを回避するためにも、きちんと散歩に関連したしつけを完璧にするのが大事でしょう。
子いぬの場合、何かを求めて鳴く事がほとんどらしいです。だからと言って、行き過ぎのしつけをしたら、「威嚇咆哮」を始めることだってあるみたいなので、留意しておいてください。
もちろん、本気になってしつけさえすれば、大概の場合ミニチュアダックスフンドなど、いぬは、飼い主に応じてくれるはずです。頑張ってください。
行儀のいいいぬと散歩をすれば、他の愛いぬ家からも感心されますし、他のドッグオーナーに自分のしつけ方法を教えたりしたら、問い合わせが増えてしつけのプロのようにみられるのは間違いないと思います。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩に行ったり…。 | トップ | 散歩に出た時の犬の拾い食い... »

日記」カテゴリの最新記事