犬とおさんぽ

犬のしつけや飼い方など、様々な犬に関する情報を綴っていきます。

きちんとしつけが行われていないと…。

2017-04-20 18:10:02 | 日記

トイプードルを甘やかして育てると、勘違いしたトイプードルは上位にあると思い、力強く噛みついてしまうらしいです。ご自分のトイプードルの噛み癖については、忘れずにしつけをおこなわなければいけません。
正しい情報を入手してしつけることが必要なんです。なんといっても、ミニチュアダックスフンドをしつける時に覚えておいてほしいことは、腕白な気質を、ちゃんと知る努力をすることだそうです。
ポメラニアンなどは頭が良いので、小さくてもしつけを行っていくのは可能でしょう。とりあえず基本のしつけは、生後6か月の間に実践するのが良いと言われています。
もしもしつけが行われていない場合、あたかも餌を長期間もらっていないかのように、とにかく周囲の臭いなどを嗅ぎながらの面倒な散歩となってしまうでしょうね。
きちんとしつけが行われていないと、散歩の際にも主人を引っ張ったり何かに向かって吠えたり、トラブル行為が見られると思います。これはつまり、愛犬との主従関係が反転しているからです。

怒ったりするより褒めたりすると、ポメラニアンのしつけの場合は一層効果あるんじゃないでしょうか。それも大げさと思えるくらいに賛辞の言葉をかけることが大切だと言います。
昔は、犬をしつけるまでは吠える、そして噛む行動に振り回されました。かわいい愛犬であるのに、常に吠える、噛みつく、辛いし、惨めな思いをしました。
トイレのしつけ訓練は犬を家族に迎える初日から即刻始めるべきです。早速みなさんも今からでもトイレのしつけ訓練の心構えをするべきです。
人によっては噛む犬をしつけたくても、「噛まれたらいやだ」といった場合があるでしょうし、反対に感情的になってしまったりあわてふためいて、飼い犬に体罰を与えてしまった体験だってあるのではないでしょうか。
犬のしつけに関して苦労している人は、しつけの方法を可能な範囲で把握したうえで、チワワ、柴犬などの独自の性質をきちんと認識することがとても大切ではないでしょうか。

平均して一生の歯が生えそろう時期にある子犬は、大変やんちゃであるので、そんな子犬の頃に徹底してしつけをしてみてください。
最初からリーダーの存在を意識するようにしつけを行うと、トイプードルはリーダーであるオーナーの言うことを必ず守るという間柄に発展するのではないでしょうか。
まず、室内で犬を飼う人には、トイレのしつけ訓練は必ず通る課題の1つで、新たに子犬を迎えるその日から、早速始めて良いです。
穏やかにしつけしたいと言われたからといって、なだめるがためにラブラドールを抱きしめたり、撫でてみることはいけないと覚えておきましょう。そうすると「飛びつくと構ってくれる」と思ってしまうからなのです。
永久歯になるころにしつけて、噛む力を加える見極めを覚えると、成長して大人になっても力の加え方を既に身につけているため、噛みつきをほとんどしないようになるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柴いぬの小いぬに関してみる... | トップ | 皆様方は…。 »

あわせて読む