犬とおさんぽ

犬のしつけや飼い方など、様々な犬に関する情報を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

必要最低限のしつけの行為は必要だと思ってください…。

2017-04-23 17:00:03 | 日記

いぬというのは、歯が生え変わるような頃の子いぬは、大変じゃれふざけるのが好きですので、その時期に徹底してしつけを完了させるようにした方が良いです。
必要最低限のしつけの行為は必要だと思ってください。そのような的確なしつけにより、中でもラブラドールは飼い主に従順なペットいぬに成長するに違いありません。
幸せな子いぬ時代を過ごしていなかったという理由で、自分勝手な行為をしてしまういぬも、ちゃんとしつけをしていくことによって、最後は様々な問題行動が少なくなることもあるでしょう。
場・時間に関係なく、リーダー格はオーナーである状態を熟知させる為、散歩の際は、愛いぬがオーナーさんの行動をみながら歩くようにしつけを行うことが大事でしょう。
時には、噛むいぬのしつけをしていのに、噛まれるかもしれないから怖い、というケースがあったり、その反面、激怒したり驚いてしまって、愛いぬを叩いてしまった体験だってあったりしませんか?

いぬの散歩に関わるしつけのトラブルというのは、大抵の場合は2つですが、それ2点は、両方主従の関係の1つにかなり関わっていると思います。
仕草がかわいい子いぬたちに対しては、大目に見がちになるのもわかりますが、幼い時こそ、愛いぬのしつけのトレーニングを手堅くするのが良いと言っていいでしょう。
ミニチュアダックスフンドというのは頑固なところがあるので、いぬの専門家に依頼するなどして、各ミニチュアダックスフンドに合っているしつけ法をレクチャーしてもらうことも良い手であると言えます。
トイレトレーニング、噛み癖直しなど、子いぬのうちから様々ちゃんとしつけをして成いぬになれるように、飼い主である皆さんが努めて手をかけてください。
幼い時期からリーダーの威厳を理解するようにしつけを実践すると、トイプードルは自分より上位の飼い主の言葉をちゃんと守るという状態へと繋がるに違いありません。

ペットとしてのミニチュアダックスフンドは成いぬも小型なので、いつまでたっても幼いぬらしくて大変かわいいですが、しつけることはしっかりと幼い時期からスタートすることをお勧めします。
世間には可愛いから、飼っている人も多いミニチュアダックスフンドの子いぬを選択して飼いだしてのだけど、そのしつけ法はよく解らないという話などもしばしば聞いたりしませんか?
ポメラニアンに関していうと、賢いいぬですから、子いぬの頃からしつけなどをするのもOKです。できたら必要最低限のしつけは、生まれてから6か月の期間に終了すると良いそうです。
基本的に、飼い主との上下関係を柴いぬはしっかり理解できると言われます。柴いぬを飼っている皆さんは躊躇したり、一歩優先させたり、そんなことがないように、しつけに関しては適切にしましょう。
子いぬだったら、「要求咆哮」というのがほとんどみたいです。でも、ひどく強制的なしつけをしたら、「威嚇咆哮」が始まるケースだってあります。注意してください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレ訓練というものは…。 | トップ | ある程度のしつけというもの... »

あわせて読む