犬とおさんぽ

犬のしつけや飼い方など、様々な犬に関する情報を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子どものしつけでも「これでは聞き分けのない子になるから」「最低限のルールは会得させなくちゃ」と願って…。

2017-03-15 15:20:02 | 日記

例えば、子いぬが人を噛んでくるタイミングというのは、「噛むことは良くない」ということをしつけてあげる最高の機会なんです。噛んでくれないようだと、「噛むべきではない」という事をしつけることは難しいでしょう。
ふつう、トイプードルはいぬの中でもトップを競うほど賢く、朗らかな性格です。主人の命令を良く聞いて、人を怖がらず、感性が良くて素晴らしい反応力があることから、しつけてあげるとちゃんと習得するんじゃないでしょうか。
とりたててしつけておいて欲しいのは、飛びつきでしょう。威嚇をして、ラブラドールが人に飛びついてしまい、はずみで噛んでしまって、ひどいけがをさせてしまうこともあるのではないでしょうか。
特にしつけをする時の心掛けですが、1度でもポメラニアンを叩いてはためになりません。怯えて、人に対して心を見せないように成長するようです。
トイレトレーニング、噛み癖直しなど、子いぬ時代にいろんなことを的確にしつけを習得させて成いぬへとなるよう、飼い主さんが努めて世話をしてあげるようにしてください。

他人に吠えるようなトラブルに対するしつけで、クリッカーなどのグッズを上手に使い、要所要所で褒めることを重要視して飼いいぬのしつけをしてはどうでしょうか。
いぬの噛むことが愛情の表現だとしても、世の中で生活するのであれば、噛むのは人に危害を加えかねないので、しっかりとしつけをしないといけないと思います。
愛いぬが無駄吠えを中断しておとなしくなった時を見計らって、餌やほめ言葉を与えるべきです。無駄吠えをしないという点とその代償を対にして、自然と学習してくれると思います。
基本的に、いぬにとって噛むのは愛情の現れです。乳歯が永久歯となる時期に甘噛みをするようです。そんな時に積極的にしつけを行わないと、噛み癖ができてしまうと言います。
多くの場合、規則のあるスポーツなどは、ラブラドールをしつける時に最適かもしれません。ラブラドールいぬと飼い主が団結して楽しみつつ、さまざま学べると思います。

ミニチュアダックスフンドだったら成長しても小さいから、本当に子いぬのように可愛らしいですが、しつけについては絶対に子いぬの時にスタートすることが大切だと思います。
とにかく吠えるので困っているようないぬをしつける場合、そのいぬを広く理解しつつ、開始しなければ駄目です。しつけを成功させる大切なことだと思います。
大概大きくなるにつれて、ポメラニアンは多少は落ち着くようですが、しつけ次第で、最終的には自分勝手な性格になる事だってあると思います。
いぬが欲しかったから、最終的にミニチュアダックスフンドの子いぬを選択して飼ってはみたものの、愛いぬのしつけというのはどうやれば?というような話を幾度も聞いています。
子どものしつけでも「これでは聞き分けのない子になるから」「最低限のルールは会得させなくちゃ」と願って、それなりに行動を起こしますよね。ひどく吠えるいぬのしつけをすることも大差ありません。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレトレーニング…。 | トップ | このごろ…。 »

日記」カテゴリの最新記事