あまでうす日記

あなたのために毎日お届けする映画、本、音楽、短歌、俳句、狂歌、美術、ふぁっちょん、詩とエッセイの花束です。

ザンドラ・ネッテルベック監督の「マーサの幸せレシピ」をみて

2017-03-20 10:49:11 | Weblog


闇にまぎれて tyojin cine-archives vol.1143



事故死した姉の娘を引き取ったヒロイン(マルティナ・ゲデック)の愛と苦闘の物語。彼女の仕事はフランス料理のシェフなのであるが、そこに闖入してきたイタリア男(セルジョ・カステリット)との葛藤が興味深い。

それはドイツにおける移民の問題でありフランス料理とイタリア料理の対決でもあるからだ。

ラスト近くイタリア人の父親に引き渡した娘をヒロインは今ではなくてはならない存在になったイタリア人シェフと一緒に取り戻しにいくのであるが、その成り行きははっきりとは描かれずに映画は終わる。

役者、演出を含めてとてもいい映画だと思う。


  投稿しても投稿しても採用されない私の歌には欠陥がある? 蝶人

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーティン・スコセッシ監督... | トップ | 家族の肖像その18~これで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。