あまでうす日記

あなたのために毎日お届けする映画、本、音楽、短歌、俳句、狂歌、美術、ふぁっちょん、詩とエッセイの花束です。

邦画を3本

2016-10-16 08:52:26 | Weblog

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1089&1090&1091


○溝口健二監督の「山椒大夫」をみて

淡いモノクロームと悠揚せまらぬテンポで繰り広げられる、この有名な親子別れと奇跡的な出会いの物語を見物していると、日本の昔の優れた映画はいまより100層倍も良かったんじゃないかという気がしてくる。


○マキノ正博監督の「鴛鴦歌合戦」をみて

市川歌右衛門が、志村喬が、デイック・ミネのバカ殿が唄って踊る長屋ものオペレッタ映画ずら。1939年(昭和4年)という時代にこれほど軽妙洒脱なポップなシネマが突貫工事で制作されていたことに驚く。玄人はだしの志村の歌が最高である。


○岡本喜八監督の「肉弾」をみて
戦争のすべてを1時間半のモノクロ映画に集約しようとする岡本喜八監督のポップでシュールなアバンギャルド映画。商業映画ではあるが学生が撮るインデイーズに似た実験的な作品でもある。寺田農も大谷直子もすっぽんぽんになって演じているのがよい。


ノーベル賞なんかおいらには似合わないと四畳半に閉じこもってノーベル飴をなめてるボブ・ディラン 蝶人


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由律詩歌その9 | トップ | フランシス・フォード・コッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。