あまでうす日記

あなたのために毎日お届けする映画、本、音楽、短歌、俳句、狂歌、美術、ふぁっちょん、詩とエッセイの花束です。

ニコラス・レイ監督の「理由なき反抗」をみて

2017-05-15 10:41:19 | Weblog


闇にまぎれて tyojin cine-archives vol.1175


久しぶりに再見したが、やはりジェームズ・ディーンの神経質な演技が最後まで気になった。アクターズスタジオではああいうエキセントリックな演技を学生に強いていたのかしらん。

この映画のアイトル通りの若さゆえの無謀な「理由なき反抗」が爆発して、結局サル・ミネオが死んでしまうのだが、あまり可哀想という気もしないのは、こちとらが青春の若気の過ちをもうとっくに忘れ去ってしまったからに違いない。

主なロケ地はグリフィス天文台だが、むかしここでテレビCMを制作したことがあるので、妙に懐かしかった。

    憲法より閣議決定を優先するこんな日本に誰がした 蝶人

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由律詩歌その22 | トップ | いろんな映画6本立 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。