あまでうす日記

あなたのために毎日お届けする映画、本、音楽、短歌、俳句、狂歌、美術、ふぁっちょん、詩とエッセイの花束です。

邦画を2本

2016-10-12 10:59:12 | Weblog


闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1087&1088


○熊井啓監督の「日本の黒い夏 冤罪」


実際はオウムの殺人事件であったのに、無実の人を警察とマスコミが犯人にでっちあげてゆく冤罪事件の事の次第を追及する映画である。

こういう冤罪はその後も後を絶たず、おそらくそういう構造がいまなお生きながらえているのではないだろうか。

二木てるみ、細川直美、遠野凪子など珍しい役者が出ているが、熊井が遠野をかっていたことが分かる。 


○黒木和男監督の「紙屋悦子の青春」をみて


戦争のために好きな男と一緒になれず、その男が身代わりに薦めた親友と結婚した青春なき女の青春の物語。その悲劇を戦争への怒りや抗議として対象化せず、ひたすら耐え忍ぶのはこの国の当時のならわしであったが、いまもそれを是認するような姿勢でこの映画が演出されていることに違和感を覚える。


生きていれば年金がもらえるもらえれば息子の年金がはらえる生きている 蝶人


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ・ハルモニア・ムンデ... | トップ | 自由律詩歌その8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。